書籍詳細:誤判救済と刑事司法の課題

誤判救済と刑事司法の課題 渡部保夫先生古稀記念

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 9,180円(本体価格 8,500円)
在庫なし
発刊年月
2000.12
旧ISBN
4-535-51220-5
ISBN
978-4-535-51220-7
判型
A5判
ページ数
672ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

今日の刑事裁判における誤判の研究は75年「白鳥決定」以降の各界での継続的かつ体系的な蓄積による。最高裁調査官、札幌高裁判事を経て大学に転じ研究を続けてきた渡部保夫先生の業績を記念した論集と同時に、最新の体系的研究書。

目次

第1部 市民参加と誤判救済
小田中聰樹、阿部泰雄、浜田寿美男、村重慶一、荒木伸怡、四ノ宮啓、下村幸雄、指宿信、福島至、白取祐司
第2部 刑事司法制度改革と事実認定
庭山英雄、村岡啓一、萩原金美、木谷明、大塚喜一、守屋克彦、一瀬敬一郎、村井敏邦
第3部 犯罪論と被害者問題
鈴木茂嗣、丸山雅夫、松宮孝明、中島広樹、城下裕二、小暮得雄、吉田敏雄、佐藤鉄男