書籍詳細:看護婦ががんになって

看護婦ががんになって

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,944円(本体価格 1,800円)
在庫なし
発刊年月
2000.02
旧ISBN
4-535-98167-1
ISBN
978-4-535-98167-6
判型
四六判
ページ数
288ページ
Cコード
C36
ジャンル

内容紹介

大学病院で副婦長として多忙な毎日を送っていた土橋さんは、子宮がんにむしばまれていた。再発・転移で3度の手術と4度の入院を体験した彼女は、患者の立場から医療のあり方に疑問を感じ、地域へと飛び出していく。

目次

第1部 看護婦ががんになって
 第1章 がん宣告
 第2章 がんにかかるまで
 第3章 闘病本番
 第4章 「戦友」たちへのケア
 第5章 ノンちゃんを支えてくれた人たち
第2部 地域へ飛び出す
 第6章 模索
 第7章 復職
 第8章 よりよい看護を
 第9章 ターミナルケアこそ天職
 第10章 地域で始動
 第11章 納得のいく在宅看取りとは
 第12章 地域の力を借りる
第3部 支え合って生きる
 第13章 がんは他人ごとではなく自分ごと
 第14章 看護をめざす仲間たちに
 第15章 がん体験者として生きる