書籍詳細:クアラルンプル・シンガポール

シリーズ:アジアの大都市

クアラルンプルとシンガポールはアジアの中核都市となれるか クアラルンプル・シンガポール クアラルンプル・シンガポール

の画像の画像
  • 大阪市立大学経済研究所
  • 監修
  • 生田 真人
  • 松澤 俊雄
  • 紙の書籍
定価:税込 4,104円(本体価格 3,800円)
在庫なし
発刊年月
2000.03
旧ISBN
4-535-55145-6
ISBN
978-4-535-55145-9
判型
A5判
ページ数
340ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

植民地都市として特異な発展を遂げたクアラルンプルとシンガポール。いずれも多民族国家としての特徴を持つ。通貨危機後の経済運営の実態も含め、その都市変容の姿を現場主義に徹して編んだ学際的研究。

目次

クアラルンプル編
  総 説 多核都市圏の形成
 第1部 都市経済の構造
  第1章 マレーシアの都市化とクアラルンプル都市圏
  第2章 クランバレーにおける工業開発戦略と外資系企業の進出
  第3章 都市経済構造の変化と中間層の成長
 第2部 都市住宅問題
  第4章 1990年代クアラルンプルのスクオッター問題と再定住政策
  第5章 クアラルンプルにおけるマレー人の居住の場とマレーシア社会
 第3部 都市開発と政治
  第6章 人口と産業・職業の構成
  第7章 クアラルンプルの就業構造と社会の変容
  第8章 都市化と政治変動
シンガポール編
  総 説 都市国家の成長
  第9章 シンガポールの開発政治
  第10章 シンガポールにおける国際金融センター機能と金融街整備
  第11章 シンガポールの都市発展と理想的交通政策