書籍詳細:微積分入門(上)

シリーズ:日評数学選書

微積分入門(上)

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,132円(本体価格 2,900円)
在庫なし
発刊年月
1996.03
旧ISBN
4-535-60120-8
ISBN
978-4-535-60120-8
判型
A5判
ページ数
304ページ
Cコード
C3341
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

必要に応じてコンピュータ(とくにMathematica)を使いつつ、理工系大学1、2年生のために「解析学の基礎的部分としての微積分」を丁寧に解説する。

目次

●目次
1 実数について
2 数列の極限と正項級数
3 関数の極限
4 関数の比較と広義積分
5 微積分の基本定理
6 有限増分の定理とテイラー近似
7 指数関数の微積分その1
8 指数関数の微積分その2
9 指数・対数関数の整級数展開
10 絶対収束関数・複素数
11 一様収束と整級数その1
12 一様収束と整級数その2