書籍詳細:数学の小径

数学の小径 古典数学散策

の画像の画像
  • 羽鳥 裕久
  • 紙の書籍
定価:税込 2,592円(本体価格 2,400円)
在庫なし
発刊年月
1999.01
旧ISBN
4-535-78273-3
ISBN
978-4-535-78273-0
判型
A5変型判
ページ数
192ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

散歩しながら道草を食うように数学を学べたら、という発想のもとに、古典数学から題材を取り上げ、大学生と数学科出身のおじさんの対話という形式を取り、解説を進める。

目次

●目次
1 連分数入門
 1 有理数の連分数展開
 2 無理数の連分数展開その1
 3 無理数の連分数展開その2
 4 方程式の実数解の近似計算

2 整式に対する互除法
 1 互除法その1
 2 互除法その2
 3 代数方程式の重解

3 部分分数
 1 分数の可能性
 2 部分分数の分子の計算
 3 行列の巾の計算
 4 2項漸化式
 5 母関数

4 スツルムの問題
 1 スツルムの定理その1
 2 スツルムの定理その2
 3 デカルトの符号法則

5 補間法
 1 ラグランジュの補間式
 2 ニュートンの公式

6「微積分初歩」覚書き
 1 中間値の定理、逆関数
 2 連続関数の最大(小)値の存在
 3 一様連続
 4 凸関数その1
 5 凸関数その2
 6 2次式の平方根を含む式の積分その1
 7 2次式の平方根を含む式の積分その2
 8 Pdx+Qdy=0をdu=0の形に
 9 定積分の存在
 10 余剰項の積分表示
 11 シンプソンの公式その1
 12 シンプソンの公式その2
 13 回転面の面積その1
 14 回転面の面積その2