書籍詳細:わたしは家裁調査官

わたしは家裁調査官

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,944円(本体価格 1,800円)
在庫なし
発刊年月
1996.12
旧ISBN
4-535-56033-1
ISBN
978-4-535-56033-8
判型
四六判
ページ数
204ページ
Cコード
C1011
ジャンル

内容紹介

少年事件担当の家裁調査官が、主人公である少年(少女)たちに、時にやさしく、時にきびしい眼差しを向けつつ、「こころの軌跡」をたどる。彼らの閉ざされた「こころ」は、病んだ家庭・社会の投影でもある。NHKでドラマ放映!

目次

第1章 出会い
ほっぺにチュッ
おばけ
付添人
怒りの行方
パンドラの箱
十四歳
第2章 自分さがし
大介と彩子
たったひとりの観客
第3章 みちびき
タビビトノキ
叫び
第4章 家裁の一日
校門からのSOS
かくれんぼう
魚の目
刺青
ものがたり
動機
いじめ
アロワナ
ツケ
処遇
人間関係
第5章 親父の合宿
親父の合宿