書籍詳細:母子関係の臨床心理

母子関係の臨床心理 甘えの中の子育て考

の画像の画像
  • 松尾 恒子
  • 紙の書籍
定価:税込 2,052円(本体価格 1,900円)
在庫なし
発刊年月
1996.02
旧ISBN
4-535-56021-8
ISBN
978-4-535-56021-5
判型
四六判
ページ数
248ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

日本の母性的養育の枠が溶解するなかで、子どもの発育・成長にさまざまな歪みが生じている。子どもを受容しながら自立を促す母なるものの新しいイメージを具体的に探る。河合隼雄氏絶賛!

目次

第1章 母子関係と「甘えの感情」
 1 早期幼児期と母子関係
 2 伝統的の育児様式にみる智恵
 3 母子関係と「甘え」の感情
第2章 母子関係の原点
 1 乳児と母親とのかかわり
 2 葛藤の意義
 3 育児様式の日米比較
 4 子どもへの期待をめぐる問題
 5 育児観・児童観をめぐる問題
第3章 現代における母性的養育の喪失
 1 母性的養育の背景
 2 母子関係の基礎
 3 母性的養育のもつ意味
第4章 母子関係の治療的な側面
 1 「甘え」と「自立」の象徴的体験過程
 2 イメージ表現を通して見た「母なるもの」への回帰
第5章 現代家族と母性的養育の回復
 1 母性的養育喪失の現代的課題
 2 母性的養育の拡がり
 3 母性的養育喪失の予防と回復
 4 おわりに