書籍詳細:心理療法の本質

心理療法の本質 内観療法を考える

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,484円(本体価格 2,300円)
在庫なし
発刊年月
1999.01
旧ISBN
4-535-56067-6
ISBN
978-4-535-56067-3
判型
A5判
ページ数
208ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

「我執を崩す」「素直への道」――その効果が文学的に形容されることの多い内観療法。その治療の秘密を精神療法、精神分析、認知行動療法など他療法の専門家と交流しながら、事例に基づき、徹底的に解明する。

目次

Part1 治療各派から見た内観療法
 report1 自我発達論から内観療法を考える
 report2 精神分析的な立場から見た内観療法
 report3 認知行動療法から見た内観療法
 report4 家族療法・ブリーフセラピーの立場から見た内観療法
 report5 治療者・患者関係と治療構造から見た内観療法
 comment1 新たな視点・アプローチの活用のために
 comment2 「与えられた命、いただいた身体」
 comment3 治療法の比較対照から得られるもの
 comment4 「踏み込むことのできない領域」をめぐって
 comment5 普遍性と特異性をより明確にするために
Part2 事例報告
 case study1 病的賭博(パチンコ依存)に対する内観療法
 case study2 集中内観療法が奏功した不安障害の一例
 comment 事例報告へのコメント1~5
 re-comment 事例報告へのコメントに対するリコメント1・2

 epilogue 心理療法の本質