書籍詳細:在宅ケアとリビング・ウィル

在宅ケアとリビング・ウィル

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,728円(本体価格 1,600円)
在庫なし
発刊年月
1996.10
旧ISBN
4-535-56030-7
ISBN
978-4-535-56030-7
判型
四六判
ページ数
180ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

在宅ケアの認識・実践が普及・定着する今日、日本的家族状況の中で、死に行く者の自己決定(とくにリビング・ウィル)をどう尊重するのかが重大問題となってきた。在宅ケア・ホスピスの実践現場から具体的に検討する。

目次

研究
これからの在宅ケアを考える
…坂上正道
在宅ケアとリビング・ウィル
…酒井忠昭
対談
在宅ケアにおける生命倫理
…坂上正道 司会/紀伊國献三
 はじめに
 医の倫理について
 医療における個の尊重と公開性
 シェアリングの精神
 これからの医学教育
 おわりに
討論
…唄孝一・滝島幸子
在宅ケアにおけるリビング・ウィルの役割
…黒川紀子・佐藤智 司会/紀伊國献三
 リビング・ウィルを考える視点
 在宅で両親を看取った経験から
 ホスピスの現場から
 在宅でこそその人らしく
 さまざまな意見