書籍詳細:都市計画法の比較研究

都市計画法の比較研究 日独比較を中心として

の画像の画像
  • ヴィンフリート・ブローム
  • 大橋 洋一
  • 紙の書籍
定価:税込 8,424円(本体価格 7,800円)
在庫なし
発刊年月
1995.11
旧ISBN
4-535-51039-3
ISBN
978-4-535-51039-5
判型
A5判
ページ数
416ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

ドイツ都市計画法に関する最高水準の著作を訳出する第1編と、日本の都市計画制度を分析する第2編とからなる。地方分権に沿った新制度を構想するうえでの指針ともなる野心作。研究者・実務家諸氏の必読文献。

目次

第1編 ドイツの都市計画制度の概要
 1 国土計画、国土整備、市町村計画、建設規制法の基礎
 2 建設管理計画とその特色
 3 建設管理計画の共通原則
 4 地区詳細計画および計画補完規範による建設案の許容性と隣人の権利
 5 建設管理計画の策定・実現の保全
 6 計画および計画実現の特別な形式(国土整備と部門計画)
第2編 日本の都市計画制度の概要
 1 都市計画区域総論
 2 土地利用規制
 3 都市施設
 4 市街地開発事業
 5 市町村の自主的政策