著者紹介

小林 桜児プロフィール画像

小林 桜児

こばやし おうじ

プロフィール

精神科医。神奈川県立精神医療センター依存症診療科・依存症研究室。同センター医療局長。横浜市立大学医学部精神医学教室非常勤講師。
慶應義塾大学文学部を卒業後、2000年に信州大学医学部卒業。横浜市立大学附属病院にて臨床研修後、NTT東日本伊豆病院、神奈川県立精神医療センター、国立精神・神経医療研究センター病院を経て、2013年より現職。(2018年12月現在)

主著は『人を信じられない病—信頼障害としてのアディクション』(日本評論社、2016年)、訳書は『アルコール・薬物依存臨床ガイド—エビデンスにもとづく理論と治療』(共訳、金剛出版、2010年)ほか多数。

この著者の書籍

愛着障害としてのアディクション画像
  • 紙の書籍

愛着障害としてのアディクション

  • ISBN:978-4-535-98458-5
  • 発刊年月: 2019.01
  • 定価:3,300円
  • 在庫あり
人を信じられない病画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍

人を信じられない病

信頼障害としてのアディクション
  • ISBN:978-4-535-98437-0
  • 発刊年月: 2016.07
  • 定価:2,090円 (電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください)
  • 在庫あり

この著者の著作一覧へ