雑誌詳細:数学セミナー  2018年6月号

2018年6月号 通巻 680号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
複素関数の質問箱
定価:税込 1,177円(本体価格 1,090円)
在庫あり
発刊年月
2018.05
雑誌コード
05423
判型
B5判
ページ数
96ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

現代数学を育んできた大地である複素関数論。歴史が深いだけに、学んでいると疑問もあれこれ湧いてくる。今回は、学生が抱きがちな質問を通じて、この分野を概観してみよう。

特集=複素関数の質問箱
*複素数ってそもそも何なの?……須川敏幸 8
*複素関数論の中の実関数……中村弥生 13
*複素微分とはなんですか.ふつうの微分とはどう違うのですか.……金子 元 18
*複素積分とはなんですか.ふつうの積分とはどう違うのですか.……村田玲音 22
*正則関数の“綺麗”な性質はなぜ………大野泰生 26
*複素対数とは何か/パラドックスをこえて……高瀬正仁 30
*解析接続の意味と意義について……小山信也 36

・試験のゆめ・数理のうつつ……時枝 正 50
 確率:エントロピーでえらび,母函数できわめる
・数理のクロスロード……奈良高明 57
 函数論の計測工学への応用/(2) プローニー法と脳磁場逆問題
・やわらかいイデアのはなし……藤田博司 62
 近傍フィルターを生み出すしくみ/距離関数と開集合系
・計算するたのしみ----スターリング数のいる風景……梅田 亨 68
 ベル多項式と微分作用素
・楕円積分と楕円関数----おとぎの国の歩き方……武部尚志 75
 ワイエルシュトラスのぺー関数――楕円関数の国の名士

****
coffee break/知ることとわかること……高松瑞代 1

眠れぬ夜の確率論/
 確率・長さおよび面積/キャロルの三角形,並行宇宙,確率変数の謎,その他の物語……原 啓介 2

数学短歌の時間(3)……永田 紅+横山明日希 46

表紙の裏側/静瞬の砂鉄……矢崎成俊 48

詰将棋の世界/詰将棋と打歩詰(6)……齋藤夏雄 82

エレガントな解答をもとむ[出題]濱中裕明、西山 豊 6
            [解答]今井貞三、縫田光司 84

ブロックチェーンの数理……佐古和恵 40

****
数セミメディアガイド
『数学魔術師ベンジャミンの教室(レベル1)(レベル2)』……関口次郎 92
『新しい分かり方』……井ノ口順一 93
今月のベスト10 
情報コーナー

7月号(2018年6月12日発売)予価本体1090円+税

特集「絵のある数学」

数学が存在しなければ人間が考え得なかったであろうさまざまな「絵」がある。楽しい絵、不思議な絵を通じていくつかの数学に触れてみよう。