雑誌詳細:数学セミナー  2018年5月号

2018年5月号 通巻 679号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
教科書だけじゃない!数学の本
定価:税込 1,177円(本体価格 1,090円)
在庫あり
発刊年月
2018.04
雑誌コード
05423
判型
B5判
ページ数
100ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

数学は「教科書で勉強」というイメージがあるが、趣向を凝らしたさまざまな一般向けの本もある。今回は、そんな書籍がどう愉しまれてきたか、現在の愉しみ方まで紹介する。

特集=教科書だけじゃない! 数学の本

*数学と数学者の世界……冨永 星 8
*数学小説・数学漫画……縫田光司 14
*科学エッセイの楽しみ……江沢 洋 18
*数楽,Rec Math……高島直昭 24
*江戸時代の数学書『塵劫記』を楽しみ,研究する……小川 束 29
*雑誌で数学を文化にする……内村直之 34

・やわらかいイデアのはなし……藤田博司 46
 大きい数・近い点・近傍フィルター(演習)
・試験のゆめ・数理のうつつ……時枝 正 50
 微分方程式:デルタとグリーン,指数函数百面相
・数理のクロスロード……奈良高明 57
 函数論の計測工学への応用/(1) コーシーの定理と非破壊検査
・数学トラヴァース 「面白い」から「なぜ面白いか」へ/ユーフラテスにきく 62
・楕円積分と楕円関数----おとぎの国の歩き方……武部尚志 70
 楕円関数の一般論――定番周遊コース
・計算するたのしみ----スターリング数のいる風景 類別とベル多項式……梅田 亨 76

****
coffee break/Call me old-fashioned……松森至宏 1

眠れぬ夜の確率論/あなたの人生の期待値/心の代数,千両みかん,ホームズ最後の事件,その他の物語……原 啓介 2

数学短歌の時間(2)……永田 紅+横山明日希 44

表紙の裏側/メビウスの膜……矢崎成俊 83

詰将棋の世界/詰将棋と打歩詰 (5)……齋藤夏雄 84

エレガントな解答をもとむ[出題]斎藤新悟・小関健太 6
            [解答]徳重典英・丹下基生 86

フィボナッチの主題による変奏曲V……小野 孝 39

****
数セミメディアガイド
著者にきく・・・『整数論基礎講義』  96
『パリコレで数学を』……井ノ口順一 97
今月のベスト10 
情報コーナー

6月号(2018年5月11日発売)予価本体1090円+税

特集=複素関数の質問箱

●複素数とは何なのでしょうか。それを考えたい理由はなんでしょうか。
 ◎須川敏幸(東北大学)
●複素関数を考える理由はなんですか。実数の関数では足りないのですか。
 ◎中村弥生(近畿大学)
●複素微分とはなんですか。ふつうの微分とはどう違うのですか。
 ◎金子 元(筑波大学)
●複素積分とはなんですか。ふつうの積分と違う点はなんですか。
 ◎村田玲音(明治学院大学)
●正則関数は、「コーシーの積分定理」など、奇妙なほど綺麗な性質が
 成り立っていて不思議です。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。
 ◎大野泰生(東北大学)
●対数関数を複素関数にして考えるととたんに分からなくなります。
 複素対数関数が多価であるとはどういうことなのでしょうか。
 ◎高瀬正仁(元・九州大学)
●リーマン予想についての本を読んでいたら「解析接続」が出てきました。
 解析接続とはなんですか。何がどのように「接続」されるのでしょうか。
 ◎小山信也(東洋大学)

[単発記事]
●ブロックチェーンの数理(仮題)◎佐古和恵(NECセキュリティ研究所)