雑誌詳細:そだちの科学  (2014年10月号)

(2014年10月号) 通巻 23号

  • 紙の書籍
4、10月(年2回)発売
[特集1]
非行・犯罪とそだち
滝川一廣・小林隆児・杉山登志郎・青木省三=編
定価:税込 1,562円(本体価格 1,420円)
在庫あり
発刊年月
2014.10
ISBN
978-4-535-90723-2
雑誌コード
63956
判型
B5判
ページ数
112ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

非行は古くて新しい。非行の影に虐待あり、はいまでも通用するが、最近では発達障害との関連をめぐる話題に事欠かない。非行臨床・矯正領域の専門家に学ぶ。

●特集によせて



1=非行とそだち



非行のバイオロジー…………………………………………………………………………………桝屋二郎

性非行と性化行動―〈性〉と〈愛〉をめぐって…………………………………………………滝川一廣

性化行動を防ぐ―児童精神科病棟における心と体の安全教育について………柘植美貴子・野村和代

非行・犯罪と乳幼児期のそだち……………………………………………………………………小林隆児

家庭裁判所からみた非行の実態・課題と取組み…………………………………………………矢代龍雄

少年院における非行児のそだち……………………………………………………………………小栗正幸

少年鑑別所における取組み………………………………………………………………………定本ゆきこ

児童自立支援施設の特徴的な支援…………………………………………………………………相澤 仁

保護観察の実態と課題………………………………………………………………………………笹竹英穂

非行少年をとりまく支援の輪の構築に向けて―少年矯正調整官からみた多職種連携………影山英美





2=非行の臨床



幼児期の素行障害……………………………………………………………………鈴木善統・杉山登志郎

子どもの性被害の長期的影響と回復………………………………………………菊池美名子・宮地尚子

非行少年への支援……………………………………………………………………………………野坂祐子

知的障害と非行………………………………………………………………………………………佐藤幹夫





3・非行・犯罪とそだち



非行研究と非行臨床…………………………………………………………………………………石川義博

非行・犯罪と幼少年期体験…………………………………………………………………………小倉 清

非行をあれこれ考える考え方………………………………………………………………………長尾圭造

非行と広汎性発達障害・余話………………………………………………………………………藤川洋子





ブックガイド・児童精神科臨床のこれから

『子どものメンタルヘルス事典』――清水將之ー―――――杉山登志郎

『児童養護施設の心理臨床』――内海新祐―――――滝川一廣





●連載



児童精神科治療の覚書……………………………………………………………………田中康雄

    (2)親の思いに寄りそう――「出会い」を考える

多様な関係の中で育つ子ども…………………………………………………………土屋明日香

    (3)子どもの言葉の発達を援助すること

児童文学への招待………………………………………………………………………清水眞砂子

    (2)大人の文学、子どもの文学―読み手としての私





編集ノート

そだちの科学24号 2015年4月刊行予定 予価1420円

発達障害と発達論的理解(仮)