雑誌詳細:こころの科学  (2011年5月号)

(2011年5月号) 通巻 157号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
てんかん
山田了士・森本 清=編
定価:税込 1,466円(本体価格 1,333円)
在庫あり
発刊年月
2011.04
ISBN
978-4-535-14057-8
雑誌コード
63956
判型
B5判
ページ数
150ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

てんかんは脳神経系の疾患として知られる一方で、さまざまな精神医学的側面ももっている。その治療とケアの最新情報を提供する。

特別企画=てんかん

 てんかんとは何かーー太古の海に根差す病/兼本浩祐

 てんかん発作はなぜ起こるのか/森本 清

 てんかん発作にはどのような種類があるのか

               /渡辺裕貴・渡辺雅子・谷口 豪・村田佳子

 診断はどのように行われるか/麓 直浩・池田昭夫

 治りやすいてんかんと治りにくいてんかん

  ーー小児期発症の良性てんかん と難治てんかん/大塚頌子

 てんかんのくすりと副作用/金澤 治

 てんかんと外科手術/馬場啓至

 てんかんに関連する精神症状/宮島美穂・原 恵子・岡崎光俊・松浦雅人

 てんかんと発達障害/荻野竜也

 心因性非てんかん性発作/山田了士

 てんかん患者の妊娠・出産/近藤 毅

 てんかんと法律・雇用・福祉制度/堀田真子・堀 友輔・久保田英幹

 生活の中で気をつけること/曾我孝志

 家族によるサポート/矢島邦夫

 日本てんかん協会(波の会)の活動/鶴井啓司



論説

 魂に包まれる体験としての身体加工

  ータトゥー、ボディ・ピアスにコミッ トする青年の夢から/高見友理



新連載

 うつの医療人類学(1)気のやまい/北中淳子

 精神科から世界を眺めて(1)火星のタイム・スリップ/風野春樹



連載

 子どもたちの「できること」を伸ばす(12・最終回)

 楽しい生活のために必要なこと/辻井正次

 贖罪とは何か(2)ささやかな贖罪意識/青島多津子

 子どものこころ・子どもの遊び(7)遊ぶことの真剣さ/黒川嘉子

 ビミョーな子どもたち(10)児童虐待に対して精神科医ができること/武井 明

 新世代の認知行動療法入門(9)行動活性化療法/熊野宏昭



ほんとの対話

 水島広子『トラウマの現実に向き合う』/中井久夫

 張賢徳『うつ病新時代』/酒井明夫

 山上敏子、下山晴彦『山上敏子の行動療法講義with東大・下山研究室』/原井宏明



こころの現場から

 一人でいられる/いられないーー(児童養護施設)/内海新祐

 心理面接は営業であるーー(予備校)/喜多徹人



伝言板

こころの科学 158号

特別企画=抗うつ薬

仙波純一/編

○総論

 精神科医が抗うつ薬を投与するとき/仙波純一

 うつ病治療にくすりは必要か/原井宏明

○抗うつ薬と治療

 精神科クリニックと抗うつ薬/南海昌博

 児童・青年期と抗うつ薬/田中英三郎 ほか

○抗うつ薬とは

 抗うつ薬の作用機序/小澤寛樹

 抗うつ薬の開発/山田光彦 ほか

○抗うつ薬とのつきあい方

 抗うつ薬の飲み心地とは/熊木徹夫

 抗うつ薬Q&A/尾鷲登志美



6月25日発売予定 予価1200円(税込)