雑誌詳細:こころの科学  (1996年 3月号)

(1996年 3月号) 通巻 66号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
母子臨床
渡辺久子 編
定価:税込 1,175円(本体価格 1,068円)
発刊年月
1996.02
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
118ページ

内容紹介

幼児虐待の増加などに見るように、核家族化・女性の就労化の進行は母親の子育てをより難しくしている。本特別企画は、母子関係の核心ともいえる「愛着と喪失」に焦点をあて、現場からの具体的な事例に即して解説する。海外の先進的臨床家の報告も併せて収載。

●巻頭に・・障害者ノーマライゼーションプラン 風祭 元



特別企画 母子臨床



1  母子臨床の現在  渡辺久子

2  周産期精神保健と母子臨床

─赤ちゃんとお母さんとのよりよい出会いのために  鈴木廣子

3  新生児集中資料室(NICU)における

親と子へのこころのケア  橋本洋子

4  乳幼児突然死症候群(SIDS)  仁志田博司

5  障害をもつ子とその母のための心理臨床

─とくにダウン症候群の母子臨床から  田中千穂子

6  摂食障害と育児援助  小林隆児

7  児童虐待と親子へのケア  岩田泰子

8  こころの絆で結ばれる育ての親子像

─子どもに家庭養育の権利保障を  矢満田篤仁

9  プライマリケアにおける母子臨床

─小児科臨床のなかでの乳幼児精神医学  澤田 敬

10  母親‐乳幼児治療:世界の最前線  渡辺久子

 1アリシア・リーベルマン

─サンフランシスコ市民病院 INFANT-PARENT PROGRAM

 2ベラルトン・クラメール ─ジュネーブ市立乳幼児相談センター

 3ジュリエット・ホプキンズ

─タビストック・クリニック(ロンドン)乳幼児グループ

 4ジョン・リチャー ─オックスフォード地域母子治療



乳幼児親子関係のサポートシステム



●論説

早期教育の可能性─子どもの発達との関連で  無藤 隆

「なまぬるい不幸」からの出発

─無気力の裏側にある世界  岩宮恵子



●連載

サブクリニカルな若者たち(15)性の輝きと牙  清水將之

概念の心理療法(7)良い、悪い  河合俊雄

こころのパトロジー(5)精神分裂病の発症(3)その状況  松本雅彦

個室論(9)夫婦別床が生んだクロワッサン症候群  島田裕巳



●ほんとの対話

村瀬嘉代子著『子どもと大人の心の架け橋』  中井久夫

石崎朝世編著『落ち着きのない子どもたち』  中根 晃

ロバーティエロほか著『ありがちな心理療法の失敗例101』  菅野泰蔵

岡村達也ほか編著『思春期の心理臨床』  山崎晃資



●こころの現場から

一番でなくては…─(保健室)  中坊伸子

デイケアの生活と家族─(デイケア)  安斎三郎

おばけ─(家庭裁判所)  藤川洋子

死ぬなと言えるか─(子どもの臨床)  山登敬之



総目次(61~66号)

伝言板