雑誌詳細:こころの科学  (1998年 5月号)

(1998年 5月号) 通巻 79号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
日本の精神病院
仙波恒雄・風祭 元 編
定価:税込 1,572円(本体価格 1,429円)
在庫なし
発刊年月
1998.04
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
170ページ

内容紹介

精神障害者の社会参加、精神保健福祉法の制定など日本の精神病院をめぐる環境はここ1O年で大きく変化した。日本の精神病院の歴史とその現状、地域精神医療の実際まで、アメニティの視点をも含め、変わりゆく精神病院、21世紀の精神病院のイメージを展望する。

●巻頭に・・精神病院の見学と実際 山下 格



特別企画 日本の精神病院



[PART・1]精神病院の現在

わが国の精神病院とその現況  仙波恒雄

日本における精神病院の歴史  風祭 元

世界の精神医療と精神病院  新福尚隆

西欧近代精神病院の発祥

─19世紀フランスを中心に  江口重幸

精神保健福祉法と精神病院  高柳 功



[PART・2]精神病院の実際

精神病院の外来医療とデイケア  山本紘世

精神病院と精神科救急診療  澤 温

精神病院の入院治療  松原三郎

精神病院と精神科リハビリテーション  江畑敬介

精神病院とアメニティ

1 医療者の立場から  田中稜一

2 設計者の立場から  河口 豊

精神病院と地域精神医療

1 都市型精神病院  片山義郎

2 郊外型精神病院  花岡正憲

精神病院を支える人たちとその活動  仙波恒雄



[PART・3]精神病院を考える

中井久夫・花井忠雄・花輪昭太郎・井上新平・土居健郎・堀川公平

功刀 弘・池末 亨・伊藤哲寛・相澤宏邦・小渡 敬・宮本忠雄

広田和子・篠崎英夫



●論説

異邦人論  中島義道  『もののけ姫』にみる思春期の呪い

─孤独な戦いを続ける現代のアシタカたち  岩宮恵子

「超のび太症候群」の子どもたち

─ナイフとパソコン  影山任佐



●連載

シネマそしえて・2

劇の上演までのドラマと治療共同体

─『すべての些細な事柄』  杉山光信

発達障害の豊かな世界(7)アスペの会(その2)  杉山登志郎

高齢者のメンタルヘルス

─うつ病を中心に(13・終)将来に向けて  高橋祥友

英米カウンセリング事情(7)  ワークショップ三昧  諸冨祥彦

森羅クリニック(5)やくざ・七人の侍・国家  齋藤磐根

“母性愛神話”を問い直す(3)

母性愛神話の罠にはまる女性たち  大日向雅美



●ほんとの対話

P・コフマン編『フロイト&ラカン事典』  鈴木國文

S・マクナミー他編『ナラティヴ・セラピー』  斎藤 学

田中冨久子著『女の脳・男の脳』  澤口俊之

角野善宏著『分裂病の心理療法』  皆籐 章



●こころの現場から

治療者の無自覚─(母子臨床)  田中千穂子

還り来ぬ人々─(子どもの臨床)  山登敬之



伝言板