雑誌詳細:こころの科学  (2002年 3月号)

(2002年 3月号) 通巻 102号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
非行臨床
生島 浩=編
定価:税込 1,362円(本体価格 1,238円)
在庫僅少
発刊年月
2002.02
旧ISBN
4-535-14002-2
ISBN
978-4-535-14002-8
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
152ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

少年法改正をめぐって、非行の変質やその対応策が熱く議論されたのは記憶に新しい。本特集では、精神医学、教育、心理、犯罪社会学、法学等の関連領域や非行臨床機関の実務家からの発言を求め、幅広い視点から非行臨床について論じる。

●巻頭に・・マスメディアと精神科医 宮岡 等



特別企画

非行臨床



非行臨床の今日的課題 生島 浩

少年非行の変遷と非行臨床家の役割 川崎道子

児童精神医学の立場から 齊藤万比古

教育臨床の立場から 沢崎俊之

臨床心理の立場から―子どもの感情の発達という視点 大河原美以

家族臨床の立場から 村松 励

犯罪社会学の立場から―相互行為としての少年非行 鮎川 潤

少年の矯正教育を考える―改正少年法から学ぶこと 後藤弘子

凶悪な非行―重大少年事件から家族関係を観る 市村彰英

少年の薬物乱用 横地 環

性非行臨床における課題 藤岡淳子

被害者への対応 松田美智子



[各機関の現状と課題]

警察の少年相談 遊間千秋

児童相談所 衣斐哲臣

児童自立支援施設 相澤孝予

家庭裁判所 荒井善次

少年鑑別所 吉村雅世

保護観察所 廣川洋一

少年院―女子少年院を中心に 菊池生之

少年刑務所 浜井浩一



●論説

わが国の自殺の実態について

―自殺者三万人時代にどう対応すべきか 高橋祥友

戦争・いまだ終わらず―戦争体験者のこころの傷 林 雅行



●新連載

児童虐待(1)

制服を買ってもらえなかったマリコ 犬塚峰子・伊東ゆたか・柴崎喜久代



●連載

心理療法と村上春樹の世界(5)思春期体験の死の側面(1) 岩宮恵子

臨床心理学と精神医学の対話(6)

思春期分裂病をめぐっての事例検討 下山晴彦・野村俊明・島 悟

人はなぜ芸能に魅せられるのか(4)飽きさせない体の動き 島田裕巳

レピッシュ思春期現象学(12)

心理学への欲望、あるいは対抗の倫理 斎藤 環



●ほんとの対話

青木省三著『思春期の心の臨床』 村瀬嘉代子

春日武彦著『病んだ家族、散乱した室内』 山登敬之



●こころの現場から

家に帰りたくない(子どもの臨床) 松岡素子・松岡洋一

数学の授業(高等学校) 夏木 智



総目次

伝言板