雑誌詳細:こころの科学  (2002年11月号)

(2002年11月号) 通巻 106号

  • 紙の書籍
偶数月17日発売
[特別企画]
こころの病気のセルフチェック
樋口輝彦=編
定価:税込 1,362円(本体価格 1,238円)
在庫僅少
発刊年月
2002.10
旧ISBN
4-535-14006-5
ISBN
978-4-535-14006-6
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
148ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

自分のこころの状態を判断できる、あるいは家族が簡便に使える、「素人判断」より一歩すすんだ「こころの病気のセルフチェック」。チェックリストにもとづき、こころの病の徴候となるポイントや症状をくわしく解説。

●巻頭に・・言葉の復権 岡崎祐士



特別企画

こころの病気のセルフチェック



1こころの病気の自己診断とは

セルフチェック──その効用と限界 山下 格

“こころ”をセルフチェックするときの留意点

  ──セルフ・レイティング・スケールの使い方 上原 徹

こころの危険信号

 1自分で感じる症状 宮岡 等・吉邨善孝

 2まわりでわかる症状 小林聡幸・加藤 敏

 3身体症状 保坂 隆



2こころの病気のチェックリスト

パニック障害 佐藤啓二

社会不安障害 貝谷久宣・山中 学

PTSD 金 吉晴

うつ病 大坪天平

統合失調症 市橋秀夫

摂食障害 切池信夫

アルコール依存症 齋藤利和

睡眠相後退症候群 亀井雄一・早川達郎

ADHD 上林靖子

アルツハイマー型老年期痴呆 古川はるこ・笠原洋勇



●シンポジウム

メディアと精神科医 斎藤 環・春日武彦・日垣 隆・[解説]山登敬之



●論説

セネガルの伝統的治療儀式──その治療的意義を考える 勝田吉彰



●新連載

鑑定医の事件簿(1)生き霊払いの自宅放火

──現代社会の憑依と感応 風祭 元



●連載

児童虐待(5)こころの絆づくりのつまずき 犬塚峰子・伊東ゆたか・柴崎喜久代

心理療法と村上春樹の世界(9)現実の多層性(3) 岩宮恵子

スクリーン精神医学(4)強迫性障害──『恋愛小説家』 高橋祥友

臨床心理学と精神医学の対話(9)

PTSDが疑われた事例 下山晴彦・野村俊明・島 悟

人はなぜ芸能に魅せられるのか(8)百年目の歌姫 島田裕巳



●ほんとの対話

小此木啓吾編集代表『精神分析事典』 神田橋條治

田沼祥子著、田邊順一写真『いのち抱きしめて』 中沢正夫



●こころの現場から

老人ホームでのバイキング──(食の風景) 吉長三恵子

保護者面談──(高等学校) 夏木 智



伝言板