雑誌詳細:こころの科学  (2006年 7月号)

(2006年 7月号) 通巻 128号

  • 紙の書籍
偶数月17日発売
[特別企画]
不安とむきあう
中山和彦=編
定価:税込 1,257円(本体価格 1,143円)
在庫僅少
発刊年月
2006.06
旧ISBN
4-535-14028-6
ISBN
978-4-535-14028-8
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
132ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

不安のスペクトルは広く、その捉え方もまちまちである。薬物療法で取りきれない症状もたくさんある。そんな時その症状とどうむきあうか……。「今の不安」について、さまざまな観点から考察し、その対処法を検討する。

●巻頭に――医療技術が評価される医療費に 岡崎祐士



特別企画

不安とむきあう 中山和彦=編



不安と出会う―不安へのナビゲーション 中山和彦

正常な不安と病的な不安 貝谷久宣

不安を起こす脳内システム 黒木俊秀

画像からみた不安 八幡憲明・大久保善朗

精神病理学における不安

―統合失調症の不安への接近 吉岡眞吾・藤城 聡

認知行動療法で取り扱う不安 渡邉義信・大野 裕

森田療法における不安 立松一憲

職場の不安 大西 守・寺沢英理子

女性の不安 加茂登志子

アイデンティティの不安 ―アイデンティティについて考えるとき 石黒大輔

社会をとりまく不安―社会精神病理学的解釈 小田 晋

正常不安へのアプローチ 海原純子

不安障害への心理療法 吉田公輔・西村良二

不安障害への薬物療法 森脇久視・山田和男・石郷岡純

不安は克服できるか 増野 肇



●論説

若年認知症をどう支えるか 宮永和夫

学校にできる児童虐待への支援

―学校が子どもをネグレクトしないために 吉村奏恵



●連載

うつ病の真実(9)ローマ時代からルネサンス期に至るうつ病 野村総一郎

タイムマシン心理療法(8)ヤヨイのミラクル 黒沢幸子

学び方の違う子どもたち(2)書くことがこんなにつらい! 畠垣智恵

人格障害という「現象」(12・終)時代の「わたし」 林 直樹



●ほんとの対話

二ノ坂保喜監修『在宅ホスピスのススメ』 神田橋條治

広瀬徹也・内海健編『うつ病論の現在』 坂元 薫

F・タスティン著『自閉症と小児精神病』 小林隆児

高橋祥友著『新訂増補 自殺の危険』 田口寿子

加藤忠史著『こころだって、からだです』 功刀 浩



●こころの現場から

絶交(小学校) 山際敏和

特別支援教育コーディネーター(養護学校) 鈴木彰典



伝言板