雑誌詳細:こころの科学  (2007年 7月号)

(2007年 7月号) 通巻 134号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
子育てとこころ――養育と愛着
吉田敦子=編
定価:税込 1,362円(本体価格 1,238円)
在庫あり
発刊年月
2007.06
ISBN
978-4-535-14034-9
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
146ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

妊娠・出産から始まり、次世代に至るまで、「子育てとこころ」はさまざまな分野の人間たちが関わる問題である。母と子、そしてそれを支える家族にいかにアプローチしていくか。生物的、心理的、社会的な側面から統合的にアプローチしていく。

巻頭に――イノベーション25と精神科医療  岡崎祐士



特別企画

子育てとこころ――養育と愛着  吉田敬子=編



●総論

愛着の問題を精神医学はどのようにとらえるか 吉田敬子

愛着理論の現在―無秩序・無方向型愛着を中心に 遠藤利彦

養育と精神発達に関する心理生物学  土岐茂・森信繁



●愛着と養育のライフサイクル

妊婦と愛着をめぐって  金子一史

赤ちゃんとこころの絆が結べない母親たち  岩元澄子・堀井麻千子

愛着の視点をもった看護  廣瀬たい子

里親養育とアタッチメント  庄司順一

養育の破綻―児童福祉に守られる子どもたち  小野善郎

被虐待児の愛着を修復する―こころのケアの役割  海野千畝子

障碍をもつ子どもの母親へのケア  小林隆児

子どもと家族の発達と強迫性障害

――養育行動と愛着の視点から  山下洋

発達障害のある子どもと愛着  田中康雄

非行事例にみる愛着と養育の問題  松田美智子

思春期の子どもの自立と養育者

――養育者のアタッチメントの視点から  林もも子



論説

AD/HDのある子どもの親へのペアレント・トレーニング  岩坂英巳



新連載

児童精神医学フロントライン(1)

  注意欠陥/多動性障害を科学する(1) 根來秀樹



連載

うつ病の真実(15)うつ病治療の発展(1)

  ―体質論と精神療法の歴史  野村総一郎

学び方の違う子どもたち(8)お金を愛する人に  畠垣智恵

臨床を支える言葉(2)赤ん坊を抱く腕のゆくえ  遠藤裕乃

都市型臨床の時代(6)モラリストと臨床の人間学  井原 裕

タイムマシン心理療法(14)質問の前提  黒沢幸子

ほんとの対話前川あさ美著『つなぐ心と心理臨床』 下山晴彦

江口重幸・斎藤清二・野村直樹編『ナラティヴと医療』 森岡正芳

福田正人編著『精神科の専門家をめざす』 林直樹



こころの現場から

不安――(小学校) 山際敏和

名人芸の持ち主たち――(特別支援学校) 鈴木彰典



伝言板