雑誌詳細:法律時報  2024年2月号

2024年2月号 通巻 1199号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
「欠乏」の時代を考える
定価:税込 2,090円(本体価格 1,900円)
在庫あり
発刊年月
2024.01
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
172ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

「モノ不足」が懸念されている今、安定供給ができない要因や分配の問題がどのように生じ、どう解決すべきかを法学的に考える。

【法律時評】ストライキについて……中窪裕也
_______________________________

■特集=「欠乏」の時代を考える
_______________________________

総論・企画趣旨……松井智予 

国内の商品供給の安定について——「欠乏」の諸要因……松井智予 

国際的な安定調達の課題……山路 洋 

トラック運送業における優越的地位の濫用問題……岡野純司 

水資源の公平分配と安定的利用
——とくに水道事業の民営化に焦点を当てて……七戸克彦 

経済生活に必要な金融・情報インフラへのアクセス……森下哲朗 

緊急事態における国家と私的主体の連携
──「指定公共機関」を素材として……田代滉貴

_______________________________

●論説
「労働市場改革」……木庭 顕 

再生可能エネルギー事業の生態系影響に関する法学的考察
——アメリカにおける再エネ訴訟(太陽光・風力)に焦点を当てて
  ……小林 寛 


●連載
宗教団体とデモクラシー・法・1-2
社会福祉・宗教により貪られる人々の位置(中)
——社会福祉法人制度・宗教法人制度の比較を通して……太田匡彦 

法をめぐるミスコミュニケーション・6-2
宗教の根源性と法の必要性——櫻井論文を承けて……尾崎一郎 

紛争が戦争とならないために
——領域支配をめぐる対立の制御における国際法の役割・
15グレーゾーン事態対処の法的制御……鶴田 順 

公益の実現と法
——人々の自発的活動が導く「公益」を考える・13 [最終回]
憲法における「私益」と「公益」の距離
——《反社会的私益の公益性》というアクロバットは可能か?
  ……駒村圭吾 

幻の創文社版『憲法綱要』とその批判的検討・13
専門知・「市民」・責任——樋口憲法学における地方自治の定位
  ……新村とわ 

行政法学のリ・デザイン——二元的思考を超えて・7-2
フォーマルとインフォーマルの「はざま」(下)
——経済行政分野の規制構造に照らして……友岡史仁 

平成民法学の歩み出し・29
法社会学と結びついた法解釈学——瀬川信久『日本の借地』
  ……山城一真 

日中会社法の比較・4
社外取締役・取締役のインセンティブ報酬……神田秀樹・朱大明 

著作権法と刑法の語らい・11
[座談会]著作権法と刑法の可能性(2)
  ……遠藤聡太・金子敏哉・仲道祐樹・深町晋也・長谷川 遼・
    前田 健・西貝吉晃=谷川和幸(司会) 

日本的雇用を問い直す・13
賞与と労基法——ボーナスは労働者にとって得か……山下 昇


【特別刑法判例研究】
債権譲渡の対価としてなされた金銭の交付と「貸付け」
  ……菊地一樹 


【労働判例研究】
プラットフォームを介してフードデリバリーをしていた者の
労組法上の労働者性が認められた例——Uber Japan事件
  ……新屋敷恵美子 


【史料の窓】
自由党系憲政党の組織について……福井 淳


新法令解説/文献月報・判例評釈/メモランダム

法律時報 2024年3月号(2024年2月27日発売)

特集=刑事司法と「アウトサイダー」——非法曹専門職との連携のあり方を考える

法律内外の専門家が集い、社会的ニーズに着目しながら、ハイブリッドなアプローチで刑事司法の新たな姿を描き出す。

■2024年2月27日発売予定/予価2090円