雑誌詳細:法律時報  2021年10月号

2021年10月号 通巻 1169号

  • 紙の書籍
  • 電子書籍
毎月27日発売
[特集1]
債権法改正・相続法改正と民事訴訟法
定価:税込 1,925円(本体価格 1,750円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2021.09
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
168ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

債権法や相続法といった民法領域の一連の改正は民事手続法領域にいかなる影響を及ぼすか。民法と民事手続法の交錯問題を探究する。

※『法律時報』の電子書籍Kindle版(法律時報e-book)は、各号の特集記事部分を電子書籍化したものです。連載記事などは含まれていません。

【法律時評】
残土規制のデザインをめぐって――2021 夏の夜の夢……池田直樹

____________________________

■特集= 債権法改正・相続法改正と民事訴訟法
____________________________

民法と民事訴訟法の距離と対話――企画趣旨の説明を兼ねて
  ……杉本和士 

民法(債権関係)改正が民事訴訟法に与える影響……内海博俊 

債権者代位権による責任財産の保全をめぐる諸問題
――金銭債権の裁判外・裁判上の代位行使が行われる場面についての考察
  ……瀬戸口祐基 

詐害行為取消権と詐害行為取消訴訟……高須順一 

遺言執行者の訴訟上の地位・権限……岡成玄太 

相続法改正と遺産分割――遺産中の預貯金債権に関する問題を中心に
  ……宇野瑛人

____________________________

■小特集
建設アスベスト訴訟最高裁判決の意義と課題
――法理論と政策論の両面からの検討

政策形成訴訟としての建設アスベスト訴訟……吉村良一 
建設アスベスト訴訟最高裁判決と国の責任論……下山憲治 
建設アスベスト最高裁4判決と建材メーカーの責任……石橋秀起 


●論説
コロナ・パンデミックの振り返りのために
――制度のダイナミクスを見るための補助線……仮屋広郷 

国際法の国内的効力――宮崎・宇賀反対意見のインパクト
  ……松田浩道


●連載
公益の実現と法――人々の自発的活動が導く「公益」を考える・3-1
ソーシャル・メディア・プラットフォームと公私の区分(上)
  ……興津征雄 

デジタル・プラットフォームビジネス研究の最前線・6
プラットフォームビジネス規制の制度設計(下)
  ……原田大樹・プラットフォームビジネス研究会 

学校法人ガバナンスをめぐる法的課題・3
学校法人における内部統制と監査体制……尾形 祥 

ミクロ憲法学の可能性・7-2/7-3
「資金」の財政法学――片桐報告へのコメント……藤谷武史 
藤谷コメントへの再応答……片桐直人 

憲法訴訟の醸成――実務と学説が導く可能性・7
違憲審査基準の要件事実的考察……井桁大介 

行政法の基礎理論・7-2
「法規範が利益を一定の態様で保護する」という思考が
行政法において意味するもの(下)……太田匡彦 

平成民法学の歩み出し・4
担保法学のダイナミズムの一素描
――松岡久和「物上代位権の成否と限界(1)〜(3)」
  ……和田勝行 

【B&Aレビュー】
水野陽一『公正な裁判原則の研究』●刑事法学の動き……福島 至 

【特別刑法判例研究】
代理投票における意思表示能力の要否と投票偽造罪の成否
  ……大関龍一 

【労働判例研究】
育休から復帰した労働者に対する組織変更を背景とした
役職変更等の措置の有効性――アメックス(降格)事件
  ……新屋敷恵美子 

【史料の窓】
足尾鉱毒事件と外交関係への期待……福井 淳

新法令解説/文献月報・判例評釈/メモランダム

2021年11月号(2021年10月27日発売)
予定価格:1925円(税込)

特集= 統治と専門家――新型コロナ対策から見る日本の憲政

コロナ対策を背景に注目された専門家・有識者と政治との関係。専門家が果たした役割を検証し、民主主義の新たな姿を模索する。