雑誌詳細:こころの科学  2021年5月号

2021年5月号 通巻 217号

  • 紙の書籍
偶数月17日発売
[特別企画]
思春期のこころとからだ
山登敬之/編
定価:税込 1,397円(本体価格 1,270円)
在庫あり
発刊年月
2021.04
ISBN
978-4-535-14117-9
雑誌コード
63957
判型
B5判
ページ数
128ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

からだとこころが互いに影響しつつ大きく成長していく思春期。からだや病気を切り口に、現代における思春期のみかたを考える。

—————————————————————
巻頭に
からだことば……福田正人
—————————————————————
特別企画 思春期のこころとからだ 山登敬之 編

▼対談
人生における思春期とは……小倉 清・山登敬之

▼思春期のみかた
心理臨床からみた思春期のこころとからだ……黒沢幸子
すべてのモードを「思春期」に置き換えること……斎藤 環

▼現代の思春期
思春期とインターネット
  ——SNSの利用を中心に……濱田祥子
10代の薬物乱用・依存……松本俊彦
女の子の思春期の問題(を作ったのは誰か)
  ……鴻巣麻里香・鴻巣桜子
「高校生らしさ」って何だろう
  ——思春期の自己肯定感をめぐって……すぎむらなおみ

▼思春期のこころとからだを診る
医療の中の子どもと家族
  ——小児医療から成人医療への移行支援……上別府圭子
起立性調節障害と不登校
  ——児童精神科医から伝えたいこと……井上勝夫
不登校と睡眠——「朝、起きられない」を考える
  ……関 正樹
思春期の発達障害を診る……井上祐紀
思春期の摂食障害——体重を増やせば治りますか?
  ……深井善光
被災地に生きる10代とともに……福地 成

—————————————————————
■論説
産業領域におけるパワーハラスメントの理解
  ——被害者、行為者、組織の心理……松本桂樹
—————————————————————
■新連載
逆境からのリカバリー
  ——「暮らす」「生きる」を支援する(1) 愛着形成をどう支えるか
  ……大嶋栄子
—————————————————————
■連載
子どもから大人が生まれる時(8)
  子どもは人間と犬を平等に扱う……森口佑介
精神分析と脳科学が出会ったら?(10)
  「死の欲動」の生物学的起源……加藤隆弘
そだちとそだての道しるべ(13)
   【最終回】逆境を生きぬく子どもたち……笠原麻里
—————————————————————
■ほんとの対話
日本心理劇学会 監修、土屋明美、茨木博子、吉川晴美 編著
  『心理劇入門』……武井麻子

大石 智『認知症のある人と向き合う』
  ……黒川由紀子

西園マーハ文『対人援助職のための精神医学講座』
  ……東 千冬
—————————————————————
■こころの現場から
体験のアレンジャーとして(児童養護施設)……楢原真也
「こうしていてもダメだと気づきました」(精神科訪問診療)
  ……青木 藍
—————————————————————
SPECIAL ISSUE(2020.4〜2021.3)・総目次
伝言板

『こころの科学』218号 (2021年6月17日発売)
予価本体1,270円+税

特別企画=高齢者の暮らし・こころ・居場所
高齢の人はときに社会的に孤立し、心身の不調や様々な困難に陥ってしまう。年齢を重ねた人が過ごしやすい居場所と支援を考える。