雑誌詳細:こころの科学  2021年3月号

2021年3月号 通巻 216号

  • 紙の書籍
偶数月17日発売
[特別企画]
大人の愛着障害
村上伸治・青木省三/編
定価:税込 1,507円(本体価格 1,370円)
在庫あり
発刊年月
2021.02
ISBN
978-4-535-14116-2
雑誌コード
63957
判型
B5判
ページ数
140ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

成人であっても「愛着」の問題が感じられる時、いかに安心・安全を提供していくか。医療や心理臨床、地域における支援のあり方を考える。

巻頭に
小さい知識と大きな理念……宮岡 等
___________________________________________________

■特別企画  大人の愛着障害       

村上伸治(川崎医科大学精神科学教室)・
青木省三(慈圭会精神医学研究所)=編
___________________________________________________

▼成人における愛着障害を考える
臨床現場における成人期の愛着障害……村上伸治
愛着障害、発達障害、複雑性PTSDをどう考えるか……滝川一廣
臨床に活きるアタッチメント研究の知見……山下 洋

▼精神科臨床と愛着障害
精神科臨床における大人の愛着障害……青木省三
君たちはどうグレるかーー愛着に問題を抱えた少年たちのその後
  ……山登敬之
日々の診療の中で安心を提供する……武井 明
スタッフ全体で「安全基地」になる……鷲田健二

▼さまざまな取り組み
思春期臨床の立場からーーアタッチメントシステムと「安心の場」
  ……大高一則
地域の支援から考えるーー生活支援・就労支援を中心に
  ……原田修一郎
地域の母子支援活動……牧 真吉
個室と愛着
  ーー「大人の愛着障害」と名指さないためのハウジングファースト
  ……熊倉陽介
愛を乞う人ーーグループホームの実践から……大嶋栄子
依存や自傷の臨床……小林桜児

▼エッセイ
大人の愛着障害
  ーー等身大の自分を認め愛おしむとき拓ける新たな次元
  ……村瀬嘉代子
乳幼児期のアタッチメント不全と大人のメンタルヘルス
  ……齊藤万比古
大人一歩手前の愛着障害……高島聡子
人はなぜそれを愛着障害と呼ぶのだろう……工藤晋平
___________________________________________________


■講演
よい心療内科医・精神科医の見つけ方……宮岡 等


■連載
そだちとそだての道しるべ(12)
 思春期の子どもが不登校になったとき……笠原麻里

メンタライゼーションとは何か(13) 【最終回】
 メンタライゼーションの意義と価値……池田暁史

精神分析と脳科学が出会ったら?(9)
 フロイトによる性欲論の展開……加藤隆弘

子どもから大人が生まれる時(7)
 子どもの注意・大人の注意……森口佑介

もう一度カウンセリング入門(8) 【最終回】
 みずからの実践を振り返る……国重浩一

■ほんとの対話
藤山直樹、笠井清登/編著
 『こころを使うということ』……花村温子

伊藤宗親/編
 『事例で学ぶ ロールシャッハ法入門』……黒田浩司

内海 健
 『金閣を焼かなければならぬ』……黒木俊秀

■こころの現場から
子どもの傷つきと職員の慄きと(児童養護施設)……楢原真也
「やはり先生たちに来てもらえませんか?」(精神科訪問診療)
  ……青木 藍

■総目次/伝言板

『こころの科学』217号 (2021年4月17日発売)
予価本体1,270円+税