雑誌詳細:経済セミナー  2020年12月・2021年1月号

2020年12月・2021年1月号 通巻 717号

  • 紙の書籍
奇数月27日発売
[特集1]
ネットワーク科学と経済学
定価:税込 1,518円(本体価格 1,380円)
在庫あり
発刊年月
2020.11
雑誌コード
03545
判型
B5判
ページ数
134ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

ネットワーク科学と経済学はどのように結びつき、社会・経済の問題を読み解くことができるのか。分析事例を通して考えてみたい。

_________________________

特集= ネットワーク科学と経済学
_________________________

【鼎談】
ネットワーク科学はどのように経済を読み解けるのか?
 ……鬼頭朋見×小林照義×増田直紀


●経済分析に活かすネットワーク科学……小林照義

●企業間ネットワークと地理空間……齊藤有希子

●SNSが明らかにする人々のつながり……鳥海不二夫

●中心性を使った感染症の制御……小蔵正輝

●ネットワーク科学が切り拓くビジネスの可能性……西田貴紀

_________________________

|シリーズ|新型コロナと経済
COVID-19下の雇用創出
 マッチング関数を用いた考察……川田恵介

オルタナティブデータで捉える経済 (3)
 オルタナティブデータが映す経済活動とは何か?……今井聡

新型コロナ感染症と世界貿易
 サプライチェーンの強靭化に向けたOECDの初期的分析……安部憲明


|連載|
◇ゼロ金利制約下の金融政策:FRBの政策運営 vol.1【★新連載】
理論と政策の交差点……仲田泰祐

◇【インタビュー】この人を訪ねて vol.23
経済学をもっと身近に……今井誠

◇新しい経済史学で迫る工業化前夜の日本経済 vol.2
金融の街・大坂はいかにして生まれたか……髙槻泰郎

◇行動経済学 人の心理を組み入れた理論 vol.8
不確実性下の選択(3) ーー参照点依存の理論的発展……室岡健志

◇金融システムの経済学 vol.9
大きくて潰せない問題ーーToo Big to Fail ……植田健一

◇体験して学ぶ経済学 教室実験のすすめ vol.5
公共財ゲームを体験する……林良平・佐々木俊一郎・川越敏司

◇関係的契約の経済学 vol.3
関係的契約下での競争と協調……石原章史・伊藤秀史

◇海外論文SURVEY 
vol.93
信じるものが矛盾する?
ーー信念形成のための実践的ガイド ……宮下将紀

vol.94
CEOの行動と企業の業績 ……西村仁憲


|書評|
『日本の道路政策』東京大学出版会
太田和博/著  評者:手塚広一郎

『教養の会計学』ミネルヴァ書房
田口聡志/著  評者:船木由喜彦

『市場の世界』有斐閣
丸山雅祥/著  評者:安達貴教

◇新刊書紹介

◇ECONO FORUM



経済セミナー2021年2・3月号(2021年1月27日発売)
予価1380円+税

特集=マクロ経済をミクロの視点で考える(仮)

マクロ経済学の中に、ミクロのデータに着目しつつ家計や企業等の異質性をモデルに組み入れて研究を進める分野がある。
こうしたアプローチから得られる経済学的な含意とはどんなものだろうか?
日本で特に注目されるトピックを取り上げつつ、わかりやすく紹介する。

・【対談】北尾早霧×向山敏彦
「多様性に目を向けたマクロ経済学の可能性(仮)」

・少子高齢化と社会保障の課題にどう取り組むか…西山慎一
・資産・所得の格差はどこから来るのか…楡井誠
・経済ショックと労働市場の関係を考える…宮本弘曉
・金融政策の効果をどのように分析するか…須藤直
・企業のダイナミクスがマクロ経済に与える影響…及川浩希