雑誌詳細:数学セミナー  2020年9月号

2020年9月号 通巻 707号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
新型コロナウイルスと闘うために数学にできること
定価:税込 1,199円(本体価格 1,090円)
在庫あり
発刊年月
2020.08
雑誌コード
05423
判型
B5判型
ページ数
102ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

現在も、世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この感染症と対峙するために数学ができることはなにか。今回は理論疫学を中心に感染症の数理を紹介する。

__________________________

特集=新型コロナウイルスと闘うために数学にできること
__________________________

*感染症数理モデル元年に機構と外挿の狭間に立つ……西浦 博 8

*感染症数理モデル入門/SIRコンパートメントモデルと
 基本再生産数……小林鉄郎・西浦 博 14

*集団免疫論を超えて……稲葉 寿 19

*国内の流行初期のデータによる予測とその評価……國谷紀良 26

*大規模流行の発生確率にまつわる数理……安齋麻美・西浦 博 30

*新型コロナウイルスの生体内感染動態の定量化とその応用/
 数理科学で挑む新型コロナウイルス感染症治療の確立
  ……岩波翔也・キム・クァンス・藤田泰久・江島啓介・岩見真吾 33

*感染症流行の収束にまつわる数理……ナタリー・リントン・西浦 博 40
__________________________

◇数学トラヴァース【連載】
  自動生成で広がる世界/藍 圭介氏(ゲームプログラマー,
  北海道大学大学院情報科学研究科,株式会社スマイルブーム)
  にきく…… 62

◇暗号×数学【連載】
  耐量子計算機暗号(1)……縫田光司 70

◇かたちを算する【連載】
  顔空間……鍛冶静雄 74

◇対称性のさざなみ--非可換をそぞろ歩く【連載】
  sl_2はやさしいか……梅田 亨 79

・coffee break/数学と統計学と社会
  ……椿 広計 1

◇コンピュータと数学の狭間【連載】
  セルオートマトン/まずはライフゲームから
  ……竹内郁雄 2

・続・稲葉のパズル研究室 数セミ分室/
  あみだプレース……稲葉直貴 53

◇せいすうたん【連載】/弱い素数
  ……小林銅蟲[漫画]、関 真一朗[監修] 58

◇これが示したいことだった【連載】
  捉えがたきを捉える……山本貴光  60


アナログゲームの数々/ニムと形勢……草場 純 86 

・今月の表紙の図形/ゴールドバーグ多面体
  ……藤田大士・松田冬樹  97 

エレガントな解答をもとむ
 [出題]渋川元樹、阿賀岡芳夫 6
 [解答]ピーター・フランクル、岩井齊良 88

****
【小特集】コロナ時代の数学

◇四月の教室で……正井秀俊  44
◇里山の麓にて日々動画職人として過ごす……濱田龍義  48


****
よこがおのコンウェイ……時枝 正  54

《数セミメディアガイド》
・『最大最小の物語』 ……柴田将敬 98
・『THE BIT PLAYER』……萩原 学 99

数学セミナー2020年10月号
■予価本体1090円+税/2020年9月12日発売予定

特集=ステイホームで楽しむ“実験”数学

外出できないこのご時世でも、数学なら、紙と鉛筆やコンピュータがあれば“実験”ができ、そして発見ができる。今回は“実験”数学を通して、発見の楽しみを伝える。