雑誌詳細:法学セミナー  2020年6月号

2020年6月号 通巻 785号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
いま、社会のあり方を考える
定価:税込 1,540円(本体価格 1,400円)
在庫あり
発刊年月
2020.05
雑誌コード
08069
判型
B5判
ページ数
112ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

法学の教科書によく登場する「市民社会」という言葉について、みなさんはじっくり考えたことがあるでしょうか。これから目指すべき「成熟した市民社会」とは何かを繙くことで、現在問題となっている新型コロナウイルスをはじめとしたグローバルな課題に対する法の役割を考えてみましょう。

__________________________

特集= いま、社会のあり方を考える
__________________________

日本の法と社会をどう捉えるかーー切り口を探索する……広渡清吾 

近代国民国家の形成過程と「市民社会」の「成熟」……岡田正則 

グローバル化の下での市民社会概念……長谷川貴陽史 

「成熟した市民社会」の立憲主義構想……山元 一 

「成熟した市民社会」とその敵……大屋雄裕 
 __________________________

[特別企画]
研究の歩みと租税法学の未来
ーー中里実教授 東京大学最終講義を受けて

[解題]異端と正統のあいだ……藤谷武史 
財政と金融の法的構造……中里 実


[法学者の本棚]
世界を救うのは愛と想像力……長谷川珠子 
ーーミヒャエル・エンデ『はてしない物語』 

[#ゼミを語ろう]
鹿児島大学法文学部 中島宏ゼミ(刑事訴訟法) 


[連載]
情報法ナビゲーション
【第3回】フィンテック・電子決済・暗号通貨……得津 晶 

初歩からはじめる物権法
【第3回】不動産物権変動(2)……山野目章夫 

紛争類型で学ぶ民法演習
【第3回】所有権に基づく請求権と不動産物権変動(応用編)
ーー錯誤事例を通じて学ぶ不動産取引における第三者保護
 ……千葉惠美子 

債権法講義[各論]
【第42回】組合(1)……河上正二 

やさしい会社法
【第15回】中島株主、株の損を取り戻したい
ーー取締役の第三者に対する責任……舩津浩司 

現代刑法の理論と実務[各論]
【第9回】詐欺・恐喝の罪(1)……松宮孝明 

応用刑法2[各論]
【第24講】横領罪における「物の他人性」(1)……大塚裕史 

刑事学の方法と課題
【第15回】道徳的問題への刑事法的介入……稻谷龍彦 


[最新裁判例研究]
民法
 民法910条に基づく価額支払請求と遺産の価額
[最三判令元・8・27 判タ1465号49頁]……山下祐貴子 

商法
 支配株主取締役への招集通知なしに行われた取締役会決議の効力
[東京高判平30・10・17 金判1557号42頁]……岡田陽介 

刑法
 電磁的記録の複製行為と盗撮による児童ポルノ製造罪の成否
[最一決令元・11・12 裁判所ウェブサイト]……大庭沙織 

労働法
 夜行バスの交代運転手としての乗務時間等の労働時間該当性
 ーーカミコウバス事件
[東京高判平30・8・29 労判1213号60頁]……山下 昇 

法学セミナー2020年7月号
■予価本体1400円+税/2020年6月12日発売予定 

特集=芸術と表現の自由