雑誌詳細:法律時報  2019年4月号

2019年4月号 通巻 1136号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
人工知能の開発・利用をめぐる刑事法規制
定価:税込 1,890円(本体価格 1,750円)
在庫あり
発刊年月
2019.03
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
168ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

目覚しい発展を遂げつつある人工知能は、刑事法分野でどのような問題を生じさせるのか。新たな刑事法規制のあり方を探求する。

【法律時評】
辺野古埋立て県民投票の法的効果……亘理 格
__________________________

■特集= 人工知能の開発・利用をめぐる刑事法規制
__________________________

企画趣旨ーー人工知能の開発・利用をめぐる刑事法規制を
               考えるにあたって……深町晋也
人工知能開発の最前線……松尾 豊 

人工知能の開発・利用における過失
    ーー自動運転車と過失責任を素材に……坂下陽輔 

人工知能(AI)搭載機器の安全性確保義務と社会的便益の考慮……遠藤聡太 

自動運転車の事故と民事責任……栗田昌裕 

AIガバナンスの法哲学
    ーー専門知を活用するガバナンス……松尾 陽 

人工知能の法規制における行政手続と刑事手続
    ーー「餅は餅屋」は実現するか……笹倉宏紀 

コネクティッドカーシステムに対するサイバー攻撃と犯罪……西貝吉晃 

人工知能搭載機器に関する新たな刑事法規制について……稻谷龍彦 
__________________________

■小特集 
不動産登記の真正の担保ーー日本登記法研究会第3回研究大会

日本登記法学会の発足に寄せて……加藤新太郎 

不動産登記の真実性担保手段
 ーー旧登記法から資格者代理人方式まで……七戸克彦 

非対面の本人確認方法について
 ーーテレビ電話による資格者代理人の本人確認を考える……植木克明 

表示に関する登記の真正担保
 ーー「表示に関する登記」の実務から見る添付情報と
                資格者代理人方式……原田克明 

七戸報告へのコメント……松岡久和 

「不動産登記の真正の担保」総括……鎌田 薫 

「不動産登記の真正の担保」に関する3つの報告についての質疑応答
                        ……小西飛鳥

●論説
人の生死に関する錯誤と刑法38条2項……薮中 悠 

●新連載
死刑事件と適正手続・1
死刑と憲法的規制ーーアメリカと日本の比較
 ……キャロル・S・スタイカー=ジョーダン・M・スタイカー
                     (訳:笹倉香奈) 

●連載
憲法の規整力・4-2
[ディスカッション]「代表制」の原理的・制度的基盤は何か?
                   ……「憲法の規整力」研究会 

拐取罪を巡る比較法的・沿革的分析・11
「拐取罪を巡る比較法的・沿革的分析」に対する民法からのコメント(1)
 ーー英国法も参考にしつつ……許 末恵 

「拐取罪を巡る比較法的・沿革的分析」に対する民法からのコメント(2)
 ーー大陸法……石綿はる美 


【B&Aレビュー】
大場史朗「刑事法におけるビッグデータの活用」
●刑事法学の動き……久岡康成 

【債権法判例の行方】
塡補賠償請求権の消滅時効の起算点……松井和彦 

【特別刑法判例研究】
兵庫県迷惑防止条例にいう「卑わいな言動」該当性……田川靖紘 

【労働判例研究】
三者労務関係における下請人が使用者となるに必要な要素
            ーーわいわいサービス事件……藤本 茂 

【史料の窓】
立憲改進党と明治協会……福井 淳 

新法令解説/文献月報・判例評釈/メモランダム

2019年5月号(2019年4月27日発売)予価1750円+税

特集=判例に現れている違憲審査の思考法