雑誌詳細:法律時報  2019年3月号

2019年3月号 通巻 1135号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
わが国におけるコーポレート・ガバナンスの諸層
定価:税込 1,925円(本体価格 1,750円)
在庫あり
発刊年月
2019.01
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
168ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

コーポレート・ガバナンスをめぐる議論、そして実務が直面している状況はいかなるものか。現在に至る経緯を踏まえ、多層の規律がなされている意味を理論的に確認、整理する。

【法律時評】
不思議の国のカルロス・ゴーン?……川崎友巳
__________________________

■特集= わが国における
    コーポレート・ガバナンスの諸層
__________________________

コーポレート・ガバナンスをめぐる法的規律の諸層……松井秀征
わが国におけるコーポレート・ガバナンスをめぐる
                 議論の展開……久保田安彦
ハードローによるコーポレート・ガバナンス……松尾健一
ソフトローによるコーポレート・ガバナンス……河村賢治
上場会社の実務が直面するコーポレート・ガバナンス上の
                    問題……太田 洋
アメリカにおけるコーポレート・ガバナンスの諸層
 ーーDual-Class Stockを題材として……加藤貴仁
ドイツにおけるコーポレート・ガバナンスの諸層
 ーーガバナンス・コードを題材として……舩津浩司
__________________________

■小特集 
デジタルプラットフォームと独占禁止法

デジタルプラットフォームと独占禁止法・総論……土田和博 
プラットフォームと二面市場
 ーーその競争的含意と法的課題……林 秀弥 

グーグルの市場支配的地位濫用とEU競争法
 ーーGoogle shopping……柴田潤子

データの集中と企業結合規制……武田邦宣 
競争法とデジタルカルテル……渡辺昭成 
ギグ・ワーカーと経済法……長谷河亜希子 


●論説
神戸市の「認知症の人による事故に関する救済制度」について
 ーー「神戸モデル」の概要と意義……窪田充見

公文書の改ざん・隠ぺいと民主主義……右崎正博
構造科学としてのドイツ憲法理論……三宅雄彦

●連載
憲法の規整力・4-1
代表制ーー「再現」なき時代に……江藤祥平

日本における代表制
 ーーその歴史的展開と課題……清水唯一朗 

原発問題から検証する公法理論・10 [最終回]
原発再稼働とバックエンド問題……亘理 格 

拐取罪を巡る比較法的・沿革的分析・10-1
台湾における親による児童の連れ去りに対する
 処罰のあり方(上)……黄 士軒 

中間総括・刑事司法改革・3
犯罪被害者と刑事手続……川崎英明

【B&Aレビュー】
山城一真「沈黙による詐欺と情報収集義務(1)(2・完)
 ーーフランス法の展開を題材として」
●民法学のあゆみ……荻野奈緒

【債権法判例の行方】
直接取引と不動産仲介業者の報酬請求権……都筑満雄

【労働判例研究】
労働契約法20条の不合理性の判断視角……道幸哲也 

【史料の窓】
高松宮宣仁親王の戦時皇族観……堀口 修 


新法令解説/文献月報・判例評釈/メモランダム

2019年4月号(2019年3月27日発売)予価1750円+税

特集=人工知能の開発・利用をめぐる刑事法規制