雑誌詳細:経済セミナー  2016年10・11月号

2016年10・11月号 通巻 692号

  • 紙の書籍
奇数月27日発売
[特集1]
マイナス金利政策と日本経済
定価:税込 1,490円(本体価格 1,380円)
在庫あり
発刊年月
2016.09
雑誌コード
03545
判型
B5判
ページ数
104ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

マイナス金利は日本経済にどのような影響を及ぼすのだろうか。この政策の意味と効果を考える。

特集:マイナス金利政策と日本経済
【対談】翁 邦雄×北村行伸「マイナス金利付き量的・質的金融緩和を問いなおす」
・マイナス金利のマクロ経済学──なぜ金利をマイナスに下げるのか・・・福田慎一 
・マイナス金利付き量的・質的緩和の波及経路・・・細野 薫 
・マイナス金利と財政──金融緩和の財政コストとは・・・深尾光洋 
・量的・質的金融緩和と日本経済──黒田緩和からの3年間をたどる・・・得田雅章 
・金融政策における国際協調では何が問題となるのか・・・加藤 出

トピックス:
TOPICS1 英国のEU離脱は国際経済にどのような影響をもたらすか・・・熊本方雄
TOPICS2 消費増税の延期についてどのように考えるか・・・中里 透
TOPICS3 アルゴリズム取引で使われる数学理論・・・足立高徳
TOPICS4 日本の公会計と政府債務累積(下)──国債管理政策と財政健全化・・・土居丈朗

|連載|
◇【インタビュー】女性経済学者を訪ねて Vol.40
 実験から理論を見直す──西村直子さん

◇ビッグデータ統計解析入門 経済学部で学ばない統計学 Vol.4・・・照井伸彦
 データマイニングと機械学習(II)

◇経済学説史 経済理論誕生の経緯をたどる Vol.4・・・野原慎司
 古典派経済学の完成(J・S・ミル)

◇海外論文SURVEY Vol.64・・・野田俊也
 インターネット広告のスロット入札での逆淘汰とその解決策

◇学会・研究会レビュー Vol.14・・・梶井厚志
 2016 Asian Meeting of the Econometric Society

学会・研究会案内 COMING SOON

書評
新刊書案内
ECONO FORUM

2016年12・2017年1月号(2016年11月26日発売) 予価1380円+税

特集=労働経済学で考える働き方

現在の日本社会における賃金や雇用をめぐる諸問題と政策について、労働経済学の視点で考察。教科書的な理論をおさらいしつつ、近年の実証分析の結果を紹介する。そして、それらの知見を労働政策に有効活用していく方法を考察する。

【対談】樋口美雄× 神林 龍「労働経済学と政策をつなぐ」

トピックス:日本の労働市場の現状/政策の現状と効果/従来の教科書どおりの労働経済学は、現在の日本の労働市場にあてはまるのか/
近年の研究で得られた知見/労働経済学の成果を政策に活かしていくことの難しさと、それを乗り越える方法/など