雑誌詳細:法律時報  2016年9月号

2016年9月号 通巻 1103号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
会社法制における損害賠償の諸相
定価:税込 1,890円(本体価格 1,750円)
在庫あり
発刊年月
2016.08
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
160ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

利害調整の仕組みの一つとしての損害賠償は、会社法の領域においてどのような可能性を持っているのか。損害賠償に何を期待できるのか、その問題点・評価・将来の展望を探る。

【法律時評】
石巻事件の元少年はなぜ死刑になったのか——2016年6月16日最高裁判決に思う……門野 博

■特集 会社法制における損害賠償の諸相
企業統治と損害賠償……山田泰弘
不正な出資と会社に対する支払義務……小出 篤
企業買収・再編と損害賠償……田中 亘 
親子会社関係と損害賠償……舩津浩司 
不実の情報開示と損害賠償……青木浩子

●論説
・ヨーロッパにおける原子力損害賠償責任──統一か混乱か……ジョナス・クネッチュ(訳:馬場圭太)
・消費者問題としてのスポーツ──商品スポーツの法的問題……中田 誠

■特別企画 安保法制と憲法改正
・動き出した「安保法制」を考える──「学問」と「政治」の共振……高作正博
・「憲法改正」を考える──安倍首相の「立憲主義」「憲法」観を手がかりに……高見勝利

●連載
・グローバル化と法の変容・9……西谷祐子
 グローバル化社会と国際私法——国際家族法の視点から
・憲法学からみた最高裁判所裁判官・17……片桐直人
 「寸鉄人を刺す」仕事人──村上朝一
・「国家と法」の主要問題 Le Salon de théorie constitutionnelle・15……駒村圭吾
 「法解釈の技術」と「文化現象の真実」──続「ロレンスからサドへ」
・民法理論の対話と創造・3-2……根本尚徳
 差止請求権理論の課題と展望(下)

【B&Aレビュー】
白石 大「将来債権譲渡の対抗要件の構造に関する試論」●民法学のあゆみ……齋藤由起
生田勝義「死刑と生命権についての一考察」●刑事法学の動き……斉藤豊治

【EU法判例研究】
重大なVAT詐欺に対して刑事罰を科すEU構成国の義務……西連寺隆行
【民事判例研究】
アスベスト工場の「周辺住民」の近隣曝露被害と賠償責任──認定基準・因果関係を中心に……辻 博明
【刑事訴訟法判例研究】
署名押印を欠いた参考人の検面調書について証拠能力を肯定した事例……葛野尋之
【労働判例研究】
定額残業制下での割増賃金支払と労働時間規制の趣旨──マーケティングインフォメーションコミュニティ事件……植村 新
【史料の窓】
対米英宣戦布告はX+1日……佐藤元英

新法令解説/文献月報・判例評釈/メモランダム

2016年10月号(2016年9月27日発売) 本体1850円+税

特集=民法と戸籍制度

実体的な法律関係を反映させるもの以上の性格を有する戸籍制度は、戦後「家」制度が廃
止され、新たに築かれた家族法といかに関わるか。深く論じられてこなかった難題を問う。

・企画趣旨……窪田充見
・身分法としての民法の変容と戸籍……岩志和一郎 
・〈戸籍〉の成立……小野博司 
・韓国の戸籍制度と住民登録制度……金 敏圭 
・現在の戸籍制度が果たしている役割……増田勝久 
・戸籍の虚偽記載と訂正等をめぐる問題……水野紀子 
・戸籍制度と氏をめぐる問題……常岡史子 
・戸籍法の立法的課題……床谷文雄

小特集=性犯罪処罰の基本問題
性犯罪規定の改正議論を契機として、性犯罪処罰をめぐっては処遇や被害者保護以外にも関心の高まりを見せている。社会的に重要な問題であるにもかかわらず解決基準が必ずしも明らかでなかった領域についても分析を深め、理論的な基本問題を探究する。