雑誌詳細:数学セミナー  2016年1月号

2016年1月号 通巻 651号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
いまこそ学ぼう 変分法
定価:税込 1,177円(本体価格 1,090円)
在庫あり
発刊年月
2015.12
雑誌コード
05423
判型
B5判
ページ数
100ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

大学の数学科のカリキュラムできちんと取り上げられることが少なくなった「変分法」だが、現在でも数学のみならず、物理や工学などでも幅広く応用されている。そこで今回は改めて「変分法とは何か」「変分法で何ができるのか」を紹介する。

特集=いまこそ学ぼう 変分法



-------------------------------------------------------------------------------------------------------



 変分法への入門─────高桑昇一郎         8

 変分法の直接法───────西川青季        13

 変分法と偏微分方程式───長澤壯之        18

 力学における変分法──────江沢 洋         25

 変分法と最適制御・最適化法──────川崎英文         30

 変分法とモース理論──────赤穂まなぶ         34



-------------------------------------------------------------------------------------------------------



 基礎講座・統計教育大学間連携ネットワーク監修現代統計学───────鹿島久嗣        50

    機械学習入門



 線形代数とネットワーク───────────────高崎金久        56

    タイセットとカットセット(続き)



 2016年結び目の旅──────────────────伊藤 昇         62

    1997年から2015年への旅



 森毅の主題による変奏曲──────────────────梅田 亨          69

    コンパクト篇(1)



 うつる病を読み解くモノサシ──────────────────西浦 博          76

    汚れた空気はキレイにできるのか



-------------------------------------------------------------------------------------------------------



 coffee break/記憶の道しるべ──────逆井卓也          1

 ことばの数理千一夜/日本語のアクセント──ことばのつながり──小谷善行          2

 数セミパズル部通信 ニコリ号外/フィルオミノ───────────ニコリ          49

 折って楽しむ折り紙セミナー/骨格のある正八面体──────────前川 淳         84



 エレガントな解答をもとむ

 ●出題=藤沢 潤・濵中裕明          6

 ●解答=伊藤仁一・時弘哲治         86



 スーパーコンピューティング・コンテスト2015──────────菊池 誠       40

 平面タイル張り可能な凸五角形──────────杉本晃久        44



-------------------------------------------------------------------------------------------------------



<数セミ メディアガイド>



 『求積法のさきにあるもの』──滝本和広       95

 『量子ウォーク』──樋口雄介       96

 『ニセ科学を見抜くセンス』──宮内有希       97

 今月のベスト10                           97

 情報コーナー               98



-------------------------------------------------------------------------------------------------------



よこがお                                39

次号予告                                100

2月号(2016年1月12日発売)予価本体1090円+税

特集◎平方剰余の相互法則

数論の進展に伴い、大学の授業で扱われることが少なくなった「平方剰余の相互法則」。今回は改めて焦点を当て、初等整数論から、結び目や保型表現などが絡む、近年の進展までを概観する。