雑誌詳細:数学セミナー  2015年10月号

2015年10月号 通巻 648号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
ガンマ関数とは何か
定価:税込 1,123円(本体価格 1,040円)
在庫僅少
発刊年月
2015.09
雑誌コード
05423
判型
B5判
ページ数
102ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

数学を学んでいるといろいろなところに登場するけれど、大学のカリキュラムではきちんと学ぶ機会がない「ガンマ関数」。そもそもガンマ関数とは何なのか? その基本的な性質からどのような分野でガンマ関数が登場するのか紹介する。

特集=ガンマ関数とは何か



-------------------------------------------------------------------------------------------------------



 階乗からガンマ関数へ─────原岡喜重         8

 ガンマ関数と統計───────橋口博樹        14

 整数論におけるガンマ関数───雪江明彦        19

 関数としての超越性──────西岡啓二        24

 q-ガンマ関数─────────西澤道知        28

 多重ガンマとフレンドしたい──渋川元樹        34



-------------------------------------------------------------------------------------------------------



【新連載】

 2016年結び目の旅─────────────────────伊藤 昇         53

    結び目の影を追いかけて



 線形代数とネットワーク──────────────────高崎金久         60

    接続行列の小行列式



 基礎講座・統計教育大学間連携ネットワーク監修 現代統計学─────大屋幸輔        66

    時系列解析(2)



 社会連携と数学/研究の新展開───────────────山本昌宏+本間 充    72

    インターネット空間上の情報伝播

     :Twitterと掲示板による商品宣伝の数学



 森毅の主題による変奏曲──────────────────梅田 亨          79

    微積分篇(1)



 + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +





 coffee break/研究室と研究スタイルの移り変わり──────西井龍映          1



 ことばの数理千一夜/和語の数詞、そしてことばのつながり──小谷善行          2



 数セミパズル部通信 ニコリ号外/数独───────────ニコリ          41



 折って楽しむ折り紙セミナー/ダビデの星──────────前川 淳         86



 エレガントな解答をもとむ───────●出題= 伊藤仁一・時弘哲治          6

                    ●解答=佐久間一浩・東谷章弘         88





 + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +



 京都大学ガロア祭/問題と解説───────────────塚本真輝+Benoit Collins 42

 鉛同位体法の数理(3)───────────────────吉田知行         48



-------------------------------------------------------------------------------------------------------



<数セミ メディアガイド>



『証明の探究』『コミック 証明の探究 高校編!』──亀井 聡       96

『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』──宮内有希       97

 今月のベスト10                            97

 情報コーナー                99



+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +



よこがお                                98

次号予告                                102




11月号(2015年10月10日発売)予価本体1040円+税

特集◎コンピュータにできる数学・できない数学

人工知能研究の進展や証明支援系ソフトの開発により、「コンピュータにどこまで数学ができるのか?」という疑問が、数学者はもとより、数学に興味のある人々にも関心の高いテーマとなってきている。今回は3つの証明支援系を紹介しつつ、現状でどのようなことがどこまでできるのか、またこれからの課題を紹介する。