雑誌詳細:法律時報  2015年6月号

2015年6月号 通巻 1087号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
刑罰の現実と刑罰政策の新展開
定価:税込 1,739円(本体価格 1,610円)
在庫僅少
発刊年月
2015.05
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
168ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

現在の日本社会における刑罰執行の現場を検証し、刑罰理念の時代適合性・刑罰依存(厳罰化)を批判的に考察するとともに、犯罪論・解釈論の政策性・社会的責任性を確認することを通して、新たな刑罰論・政策論を展望する。

【法律時評】

米軍普天間飛行場の辺野古移設問題……畠山武道





■特集

刑罰の現実と刑罰政策の新展開



現代社会における刑罰論への一視座……伊東研祐

生命刑(死刑)――国境を越えて見てみれば……松宮孝明

制裁規範としての自由刑の意味と制度……高橋則夫

労役場留置の現状と課題――労役場留置の象徴的運用に向けた試論……永田憲史

(1個の行為に対する)懲役と罰金の併科……神例康博

刑の執行猶予の判断――全部執行猶予の現状と一部執行猶予の展望……小池信太郎

没収・追徴――共犯を素材に……樋口亮介



■小特集

日仏民法セミナー

契約と裁判官――契約自由の比較考察



はじめに……北村一郎



1 契約の成立と裁判官

 日本側報告……竹中悟人

 フランス側報告……ジャン=バティスト・スーブ/山城一真



2 契約の内容と裁判官

 日本側報告……大村敦志

 フランス側報告……シリル・グリマルディ/大澤 彩(訳・要約)



3 契約の履行と裁判官

 日本側報告……瀬川信久

 フランス側報告……イヴ=マリ・レティエ/作内良平



4 契約の消滅と裁判官

 フランス側報告……ムスタファ・メキ/小林和子

 日本側報告……金山直樹



●新連載

「国家と法」の主要問題 Le Salon de théorie constitutionnelle・1

八月革命・七〇年後――宮澤俊義の8・15……石川健治



●連載

グローバル化と法の変容・2

グローバル化と比較法……松本英実



憲法学のゆくえ・5-3

[座談会]アーキテクチャによる規制と立憲主義の課題(後篇)

……松尾 陽・宍戸常寿・曽我部真裕・山本龍彦



憲法学からみた最高裁判所裁判官・3

法曹一元的理念の体現――大野正男……川岸令和



【民事判例研究】

遺産共有持分と他の共有持分が併存する場合の共有物の分割について……田中淳子



【特別刑法判例研究】

インサイダー取引の罪における重要事実の「公表」と公知性……大庭沙織



【労働判例研究】

労働者のメンタルヘルスと使用者の安全配慮義務・過失相殺

――東芝(うつ病・解雇)事件……柳澤 旭



【史料の窓】

元帥杉山元の遺書……梶田明宏





新法令解説

文献月報・判例評釈

メモランダム

2015年7月号(2015年6月27日発売)予価1610円+税

特集=司法制度改革と民事訴訟手続ーー改革の趣旨と現状の検証

司法制度改革審議会意見書を踏まえた民事訴訟手続の改革は、何を実現したか。改正法施行から10年が経過した今、改革の趣旨と残る問題点を検証する。