雑誌詳細:そだちの科学  (2015年10月号)

(2015年10月号) 通巻 25号

  • 紙の書籍
4、10月(年2回)発売
[特集1]
摂食障害とそだち
滝川一廣・小林隆児・杉山登志郎・青木省三=編
定価:税込 1,534円(本体価格 1,420円)
在庫あり
発刊年月
2015.10
ISBN
978-4-535-90725-6
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
130ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

思春期・青年期のこころの難題=摂食障害。治療の基本からベテラン臨床家のエッセイまで、摂食障害の“いま”を余すところなく解説。

●特集によせて──





1=摂食障害治療の現在



    現代の摂食障害・総論……………………………青木省三・加藤雅人・北野絵莉子・末光俊介

    日本における摂食障害の過去・現在・未来…………………………………………西園マーハ文

    摂食障害治療の基本的考え方………………………………………………………………村上伸治

    摂食障害治療―クリニカル・パス…………………………………………………………栗田大輔

    摂食障害の内科的治療………………………………………………………………鈴木(堀田)眞理

    摂食障害をチームでみる……………………………原 正吾・高橋 優・和迩健太・澤原光彦

    子どもの摂食障害の治療……………………………………………………………………高宮静男

    海外摂食障害事情―イギリスでの取り組みから…………………………………………中里道子



2=摂食障害とそだち



    子どもの健やかなそだちと食べること…………………………………………………長谷川智子

    幼児期の食行動異常………………………………………………………………………杉山登志郎

    青年期女性(女子大学生)の食行動…………………………………………………………西浦和樹

    摂食障害と発達障害…………………………………………………………………………井口敏之

    「育てられる者」と「育てる者」としての摂食障碍という病…………………………小林隆児

    食べることの調律もしくは食べることの失調―複雑性トラウマと摂食障害…………宮地尚子

    自傷と摂食障害………………………………………………………………………………松本俊彦



3=摂食障害をめぐって



    やせた若い女性と出会って三五年…………………………………………………………切池信夫

    多層的な外来治療を目指して………………………………………………………………生野照子

    発達精神病理学的視点から…………………………………………………………………傳田健三

    摂食障害の遷延化要因………………………………………………………………………野添新一

    中島梓の宿題…………………………………………………………………………………山登敬之

    下坂幸三先生のこと…………………………………………………………………………滝川一廣



ブックガイド・続けるということ



   『甘えたくても甘えられない』──小林隆児―――――内海新祐

   『発達障害の謎を解く』──鷲見 聡―――――小林隆児

   『ビブリオパイカ』──斎藤 環―――――岡崎 勝

   『10歳までの子を持つ親が知っておきたいこと』──鍋田恭孝―――――香山リカ





●連載────児童文学への招待……………………………………………………………清水眞砂子

         (4)子どもの文学に描かれる大人たち(1)

        児童精神科治療の覚書…………………………………………………………田中康雄

         (4)関係機関との連携を考える

        多様な関係の中で育つ子ども………………………………………………土屋明日香

         (5)多言語を生きる





編集ノート

そだちの科学26号 2016年4月刊行予定 予価1620円(税込)

そだちからみたおとなの発達障害(仮)