雑誌詳細:法律時報  2015年3月号

2015年3月号 通巻 1083号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
平成26年会社法改正の評価
定価:税込 1,739円(本体価格 1,610円)
在庫僅少
発刊年月
2015.02
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
152ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

昨年の通常国会で可決された会社法改正は、何を実現して、何を成さなかったのか。実現しなかった検討事項も対象に、歴史的経緯、立法学的分析等を踏まえ、改正の意味を探る。

【法律時評】

福島原発事故から4年の現状と課題……首藤重幸





■特集

平成26年 会社法改正の評価



上場会社の経営機構

――強い「本社」と社長を確保するために……大杉謙一



会計監査人の独立性

――監査人の報酬等に係る規律を中心に……高橋真弓



第三者割当増資……松井智予



仮装払込み……笠原武朗



株式等売渡請求制度――その骨格と問題点……柴田和史



親会社株主の保護……北村雅史



子会社株主・債権者の保護……松井秀征



株主による差止請求制度……高田晴仁





■特別企画

制度化された理性としての法――ロバート・アレクシー日本講演



理念的なるものと事実的なるもの……松原光宏

基本権・民主制・代表……ロバート・アレクシー 訳=松原光宏

包摂的非実証主義……ロバート・アレクシー 訳=足立英彦



●座談会

代理行為における要件と効果(下)──奥田昌道先生の問題提起を受けて

……奥田昌道・能見善久・金山直樹・水津太郎・山城一真・高 秀成



●論説

中国における「法治」をどう見るか

――四中全会による人民陪審員制度の改革……こう・ぎょうきん



人格権と著作者人格権――損害賠償・差止め・処分可能性を中心に……加藤雅信



●連載

憲法学のゆくえ・4-3

[座談会]憲法上の財産権保障と民法(後篇)

……水津太郎・宍戸常寿・曽我部真裕・山本龍彦



福島原発事故賠償の研究・11[最終回]

原発避難者の自死への損害賠償――福島県川俣町の自死事件判決……神戸秀彦



【民事判例研究】

賃料債権の差押えの効力発生後における賃貸借終了と賃料債権取立ての可否……町田余理子



【刑事訴訟法判例研究】

いわゆる陸山会事件第1審判決……新屋達之



【労働判例研究】

パートタイム労働法違反の成否と私法上の効果

――ニヤクコーポレーション事件……山田 哲



【史料の窓】

足尾鉱毒事件と『毎日新聞』……福井 淳



最高裁新判例紹介

新法令解説

文献月報・判例評釈

メモランダム

2015年4月号(2015年3月27日発売)予価1610円

特集=仲裁法制の過去・現在・未来

仲裁法の施行から10年。日本の仲裁制度の歴史的発展と現在の様相、ならびに利用しやすく実効的な仲裁制度の実現に向けた世界の動きを多角的に論じ、日本における仲裁制度の可能性を探る。