雑誌詳細:法律時報  2014年11月号

2014年11月号 通巻 1079号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
債権法改正を論ずる
ーー要網仮案の決定を受けて
定価:税込 1,955円(本体価格 1,810円)
在庫なし
発刊年月
2014.10
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
184ページ

内容紹介

議論が重ねられてきた債権関係規定の見直しについて、要網仮案の決定を受け、その姿が見えてきた。改正議論で注目される主要論点を、その分野の専門家が論じる渾身の大特集。

【法律時評】

表現の自由二題――特定秘密とヘイト・スピーチ……遠藤比呂通





■特集

債権法改正を論ずる――要綱仮案の決定を受けて



[インタビュー]

債権関係規定の見直し――要綱仮案を読んで……奥田昌道(聞き手:松岡久和)



債務不履行……渡辺達徳

契約の解除……横山美夏

危険負担……山本 豊

錯誤取消し……磯村 保

不法行為との関係――中間利息の控除を中心として……大塚 直

消滅時効……松久三四彦

債権者代位権・詐害行為取消権……片山直也

保 証――個人保証を中心に……平野裕之

債権譲渡……小粥太郎

売 買……曽野裕夫

約款による取引……河上正二



●論説

同性婚・パートナーシップ法の可能性――オランダの経験から学ぶ……谷口洋幸



〈検証・特定秘密保護法〉

情報公開法・公文書管理法と特定秘密……三宅 弘



●連載

憲法学のゆくえ・3-2

[座談会]憲法学における財政・租税の位置?(前篇)……藤谷武史・宍戸常寿・曽我部真裕・山本龍彦



福島原発事故賠償の研究・8

福島原発賠償に関する中間指針等を踏まえた損害賠償法理の構築(下)……潮見佳男



[取引法研究会レポート]

セイクレスト監査役責任追及訴訟(第1審)の検討……塩野隆史



【B&Aレビュー】

永田憲史『財産的刑事制裁の研究――主に罰金刑と被害弁償命令に焦点を当てて』

●刑事法学の動き……辻本典央



【民事判例研究】

シンジケート・ローンにおけるアレンジャーの情報提供義務違反……藤田寿夫



【刑事訴訟法判例研究】

刑訴法316条の17と憲法38条1項

――公判前整理手続における被告人に対する主張明示等の義務付けは黙秘権保障に反するか……関口和徳



【労働判例研究】

労働時間の認定資料の信用性判断、本務外活動の労働時間性――オリエンタルモーター事件……浅野高宏



【史料の窓】

貴族院多額納税者議員鎌田勝太郎の「大正八年六月予定」について……小林和幸



新法令解説

文献月報・判例評釈

メモランダム

2014年12月号(11月27日発売)予価3520円

特集=2014年学界回顧

2013年10月から14年9月までに発表された法学界の主要書籍・論文を各法分野別にセレクトし、その理論動向と問題関心を分析した好評の大特集、2014年版。