雑誌詳細:こころの科学  (2014年7月号)

(2014年7月号) 通巻 176号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
家族療法とブリーフセラピー
東 豊/編
定価:税込 1,353円(本体価格 1,230円)
在庫あり
発刊年月
2014.06
ISBN
978-4-535-14076-9
雑誌コード
63956
判型
B5判
ページ数
116ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

心理、教育、医療、福祉等、様々な現場で活用される家族療法・ブリーフセラピー。基礎から最近の動向、実践上の工夫までを紹介する。

巻頭に 新型うつ病と抑うつ神経症………宮岡 等

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 特別企画      東 豊=編

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

家族療法とブリーフセラピー



▶家族療法・ブリーフセラピーとは



家族療法・ブリーフセラピー的発想のすすめ………若島孔文



家族療法とブリーフセラピー─―日本でのそれぞれの主張………吉川 悟



伝統的な家族療法の技法と実践─―構造的モデルのアプローチ………村上雅彦



家族療法の技法と実践─―ナラティヴ・セラピー………坂本真佐哉



ソリューション‐フォーカスト・アプローチ再訪─―ダイアログとしての面接へ………白木孝二



ブリーフセラピーの技法と実践─―EMDR、TFT、催眠………福井義一



▶家族療法・ブリーフセラピーの実践と広がり



子どもにはブリーフセラピーが一番!─―小学校場面での活用………黒沢幸子



高等学校での経験 ………淺谷 豊



ブリーフなラインケアのためのコンサルテーション─―産業臨床におけるEAPの実践から………田崎みどり・児島達美



精神科臨床におけるブリーフセラピーと家族療法─―解決志向アプローチとシステムズアプローチを中心に………加来洋一



10分間解決構築アプローチ─―心療内科/精神科外来の立場から………藤岡耕太郎



PSWと家族療法………野坂達志



皮膚科診療における家族療法とブリーフセラピー………清水良輔



雑談好きな外科医………西健太郎



私設心理相談機関での経験………田中 究



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

論説         スマホ世代の小中高生を守る─―大人に必要な情報リテラシー………加納寛子

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新連載        脳を通って私が生まれるとき─―精神科医のパンセ(1) 私は脳の中にいるのか………兼本浩祐

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

連載

物語未満を支える心理療法(2)散逸するイメージを支えるもの………野口寿一

精神科から世界を眺めて(20)ハンニバル………風野春樹

この病、この一曲(13)「DESIRE」堕ちてこそ………山登敬之

社会脳は「臨床の知」となるか(12)【最終回】 かつて存在したもの、新たに手にしたもの(その2)………村井俊哉

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほんとの対話

立岩真也『造反有理』………北中淳子

北川敬一『吃音のこと、わかってください』………村上由美

森口佑介『おさなごころを科学する』………千住 淳

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こころの現場から

NPO法人「みんなのとなり組」のこと(福島県南相馬市)………堀 有伸

「あとどのくらい生きられますか」(終末期医療)………新城拓也



■伝言板

こころの科学 177号 8月25日発売 予価1230円

◎特別企画=うつの心理療法 黒木俊秀/編

有効性が実証され、薬物療法と並ぶ「うつ」治療の柱である心理療法に焦点を当て、適切かつ具体的な情報を提供する。



(目次)

心理療法家の実力………黒木俊秀

うつの心理療法―わが国での真の普及を促すために………下山晴彦

心理療法に優劣はない―EBMの観点から………斉尾武郎

うつの脳と心理療法………中尾智博

うつの認知療法に対する誤解を解く………大野 裕

うつの対人関係療法の正しい理解………水島広子

うつの養生に必要なのは休息か、運動か―行動活性化療法・森田療法………中村 敬

うつのカウンセリングの効用………野島一彦

再発予防のために―日々の生活に活かすマインドフルネス………越川房子

体から癒す―臨床動作法………横尾摂子

うつだから治療意欲がないのではない―動機づけ面接………原井宏明

セラピストにうつは治せない―これから心理療法を受ける人に………井原 裕

うつの心理療法Q&A………黒木俊秀ほか

○エッセイ………神田橋條治/神庭重信/最相葉月