雑誌詳細:そだちの科学  (2014年4月号)

(2014年4月号) 通巻 22号

  • 紙の書籍
4、10月(年2回)発売
[特集1]
子ども臨床トピックス
滝川一廣・小林隆児・杉山登志郎・青木省三=編
定価:税込 1,562円(本体価格 1,420円)
在庫あり
発刊年月
2014.04
ISBN
978-4-535-90722-5
雑誌コード
63956
判型
B5
ページ数
116ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

そだちをめぐる臨床においてもDSM-5同様、大きな変化が起きつつある。新たな臨床トピックスをまとめ、今後の動向を占う。

●特集によせて──



1 子ども臨床と子どものこれから



1.子ども虐待のケアと未来

   子どもの村の実践──社会的養護の未来…………………坂本雅子

   トラウマフォーカスト認知行動療法………………………亀岡智美

   児童養護施設における治療的な支援の現状と課題……宮地菜穂子

   児童養護施設の実態と課題…………………………………内海新祐



2.学校教育と特別支援教育をめぐる問題

   教育に科学的視点を──六・五%にどう捉えるか …… 和久田 学

   日本の2Eの大学生と社会人の現状……………………… 野添絹子



3.知的障害をめぐる問題

   続・「かりいほ」の支援論──利用者の「自分語り」に耳を傾ける……佐藤幹夫

   知的障害者の自傷行為について………………………………………………有賀道生



4.早期介入の可能性

   ASD児の超早期療育──地域療育センターにおける実践…………………服巻智子



2 児童精神科臨床のトピックス



発達障害への少量処方………………………………………………………………………杉山登志郎

選択性緘黙への治療…………………………………山村淳一・内山幹夫・加藤大典・杉山登志郎

発達障害者の触法と支援………………………………………………………………………藤川洋子

成人期の発達障碍をめぐる諸問題──発達障碍を一元的にどのように理解するか……小林隆児

DSM‐5のインパクト………………………………………………………………………高貝 就

インターネット依存症の現在…………………………………………………………………岩崎正人



ブックガイド・そだちの科学の一〇年

『母が認知症になって考えたこと』──山登敬之…………………………………………北山 修

『知的障害と裁き』──佐藤幹夫……………………………………………………………小林隆児

『99%のための経済学』(教養編、理論編)──佐野 誠……………………………… 杉山登志郎

『「関係」からみる乳幼児期の自閉症スペクトラム』──小林隆児……………………鯨岡 峻



●連載

児童文学への招待(新連載)1.子どもと子どもの本をめぐって…………………………清水眞砂子



児童精神科治療の覚書(新連載)

1.非日常のクリニックに生まれる日常──「生活」を考える……………………………田中康雄



多様な関係の中で育つ子ども

2.言葉と相手と今ここの世界…………………………………………………………………土屋明日香



編集ノート

そだちの科学23号 2014年10月刊行予定 予価1420円

特集=非行・犯罪とそだち

■非行とそだち

乳幼児期のそだちと非行

非行と性化行動

性化行動を防ぐ

非行と子ども虐待

非行と貧困

非行と知的障害

非行と発達障害



■非行とその臨床

非行臨床と矯正教育

非行と家族

非行と被害者

非行と加害者



エッセイ

など。



■連載

児童文学への招待……清水眞砂子

児童精神科治療の覚書……田中康雄

多様な関係の中で育つ子ども……土屋明日香