雑誌詳細:法律時報  2014年2月号

2014年2月号 通巻 1069号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
法の実現における国家の競合と協調
定価:税込 1,749円(本体価格 1,619円)
在庫なし
発刊年月
2014.01
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
172ページ

内容紹介

国際社会における法の実現について複数の国家が競合・協調する動きが進むなか、主権国家が果たす役割は何か。分野横断的に現状を把握するとともに、管轄権の競合を調整する理論・法技術について考察する。

■特集

法の実現における

国家の競合と協調



【法律時評】

特定秘密保護法――問題点と残された課題……右崎正博



法の実現における国家の役割――近時の潮流……片山 達

国際社会の処罰権と主権国家の役割……洪 恵子

腐敗防止に関する管轄権の競合と二重処罰の危険……高山佳奈子

クロスボーダーの不公正取引に対する当局間の国際協調……長谷川紘之

租税執行における情報交換――FATCAを契機とした新たな構想……田中 良

競争法の国際的な執行……村上政博

主権国家の破綻処理とギリシャの教訓……フィリップ・ウッド(訳:伊藤 理)

投資協定・投資仲裁

――主権国家を相手方とする仲裁判断を実現するメカニズム……井口直樹

倒産処理における国家の競合と協調……福岡真之介

日本における国際仲裁のこれから

――香港やシンガポールに続くために……ピーター・ゴッドウィン=フローレンス・チョン

クラスアクション判決・和解の地理的範囲……安達栄司





■小特集

福島第一原発事故被害の賠償



総論――福島第一原発事故被害賠償をめぐる法的課題……吉村良一

原子力損害と規制権限不行使の国家賠償責任……下山憲治

「ふるさとの喪失」被害とその救済……除本理史



【弁護団からの問題提起】

福島原発被害弁護団の取り組み……笹山尚人

「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟とは何か……安田純治

浪江町原発ADR集団申立について……濱野泰嘉





●論説

〈検証・特定秘密保護法〉

秘密保護法と公安警察の関係……清水 勉



ハイチ大震災復興の民法学・居住福祉法学上の諸課題と国際貢献の意義(下)……吉田邦彦



●連載

イギリス憲法の実像――その歴史的文脈・28……戒能通厚



【強行法と任意法】

親族編規定の強行法規性……前田 泰



【刑事訴訟法理論の探究】

違法収集証拠排除法則の現状と展望……中島洋樹



【B&Aレビュー】

中原太郎「事業遂行者の責任規範と責任原理――使用者責任とその周辺問題に関する再検討(1)~(10・完)」●民法学のあゆみ………小池 泰



裵 美蘭「詐欺罪における財産上の損害」●刑事法学の動き……松宮孝明



【判例評釈】

危険運転致死傷罪の正犯者である職場の後輩がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら、車両の発進を了解し、同乗して運転を黙認し続けた行為について、同罪の幇助罪が成立するとされた事例……亀井源太郎・濱田 新



【民事判例研究】

ゴルフ場目的の土地賃貸借契約等に対する借地借家法11条類推適用の可否……田中淳子



【特別刑法判例研究】

「医薬品」の意義……三重野雄太郎



【労働判例研究】

賃金減額と定額時間外手当の合意の有効性――ザ・ウインザー・ホテルズインターナショナル事件……山下 昇



特定秘密保護法の成立に抗議し、速やかな廃止を求める刑事法研究者の声明



【史料の窓】

徳富蘇峰、第二次大戦後の中産階級没落化を危惧する……小宮一夫 扉



新法令解説

文献月報・判例評釈

メモランダム

2014年3月号(2月27日発売)予価1700円(税込)

株主による付託の揺らぎとコーポレート・ガバナンス

企画の趣旨……山田泰弘

委任状合戦時の株主総会における採決……渡邉 剛

Empty Voting・Vote Buyingに対する規制……白井正和

機関投資家・議決権行使助言会社の規制……油布志行

従業員と株主との利益対立と調整……山田泰弘

監督機構選択の示すもの……松中 学

公益通報社保護法・内部統制規制と会社法制……柿崎 環

金融商品取引法違反行為と株主総会の議決権行使……大杉謙一

株主総会に対する株主提案の行使および対処への規律……松尾健一



法律時評:経済関係法の動向……土田和博