雑誌詳細:法律時報  2014年1月号

2014年1月号 通巻 1068号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
債権改正法と契約法理
定価:税込 1,749円(本体価格 1,619円)
在庫なし
発刊年月
2013.12
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
160ページ

内容紹介

先に公表された債権法改正の「中間試案」、本特集は特に契約法理に着眼して、債権法改正の理論的背景を分析する。従来の判例法理・学説との距離を見極め、違いを見出すのであればどこに由来するのかを徹底追及する。

■特集

債権法改正と契約法理



企画趣旨……潮見佳男

錯誤・不実表示……鹿野菜穂子

法律行為通則に関する改正の現況と課題……山本敬三

「契約の趣旨」と「本旨」……石川博康

約款……山本 豊

利益相反行為・代理権の濫用……佐久間 毅

典型契約の枠組み……小粥太郎

契約と第三者……新堂明子

損害賠償……潮見佳男

解除・危険負担……松井和彦





●連続鼎談

「新時代の刑事司法制度」を問う

第4回 刑事免責・証人適格……福島 至・神 洋明・高田昭正



●論説

ハイチ大震災復興の民法学・居住福祉法学上の諸課題と国際貢献の意義(上)……吉田邦彦



●連載

イギリス憲法の実像──その歴史的文脈・27……戒能通厚



【強行法と任意法】

本人の死後事務の委任と民法653条1号の強行法規性……藤原正則



【B&Aレビュー】

長谷部恭男『憲法の円環』……愛敬浩二



深川裕佳『相殺の担保的機能』●民法学のあゆみ……梶山玉香



深谷 格『相殺の構造と機能』●民法学のあゆみ……横山美夏



井田 良「医療事故に対する刑事責任の追及のあり方」・佐伯仁志「ドイツにおける刑事医療過誤」

●刑事法学の動き……よねだ・やすくに



【民事判例研究】

詐害行為取消訴訟係属中の被保全債権の変更は訴えの交換的変更には当たらないとした事例……平野哲郎



【刑事訴訟法判例研究】

無罪判決後の控訴審における勾留の理由と必要性の判断……佐藤美樹



【労働判例研究】

身体障害を有するバス運転士に対する勤務配慮義務──阪神バス(勤務配慮)事件……濵畑芳和



原発事故被害者の権利回復に関する意見



【史料の窓】

「大東亜戦争」降伏の「詔書」……佐藤元英





新法令解説

文献月報・判例評釈

文献略語表

メモランダム

2014年2月号(1月27日発売)予価1700円(税込)

特集=法の実現における国家の競合と協調(仮題)

国際社会における法の実現について複数の国家が競合・協調する動きが進むなか、主権国家が果たす役割は何か。分野横断的に現状を把握するとともに、管轄権の競合を調整する理論・法技術について考察する。