雑誌詳細:こころの科学  (2013年11月号)

(2013年11月号) 通巻 172号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
暴力の心理
斎藤 環/編
定価:税込 1,466円(本体価格 1,333円)
在庫あり
発刊年月
2013.10
ISBN
978-4-535-14072-1
雑誌コード
63956
判型
B5判
ページ数
136ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

「体罰容認論」は日本社会に依然として根強く存在し、ヘイトスピーチ、いじめ・虐待・DVの問題も深刻だ。幅広い視点から暴力への向き合い方を考えてみよう。

           巻頭に――技法を学びほどく………青木省三

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 特別企画      斎藤 環=編

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

暴力の心理

           司法精神鑑定例にみる暴力の諸側面………小畠秀吾・北原 舞

           暴力の精神分析………松本卓也

           暴力と支配の心理学………龍島秀広

           表現と暴力………高嶺 格

           戦争と暴力………中尾知代

           指導に暴力は必要か――体罰をめぐって………為末 大

           いじめと暴力――いじめ研究と進化理論の統合………内藤朝雄

           自傷という暴力………松本俊彦

           子ども虐待………森田展彰

           子どもから親への家庭内暴力………斎藤 環

           DV被害者支援………信田さよ子

           DV加害者更生プログラム――体系化された加害者への心理療法序論………草柳和之

           性暴力・性犯罪の心理………奥田剛士・藤岡淳子

●エッセイ――暴力をめぐって

           上野成利/喜多一憲/師岡康子/綾屋紗月

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

論説         日仏の大学生のメンタルヘルス――フランスにおける青年の自殺問題とその対策などを通して………古橋忠晃他

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

連載         贖罪とは何か(16) 誠意を示すということ………青島多津子

           うつ病の誤解と偏見を斬る!(9) 名医、ヤブ医者をめぐる誤解と偏見を斬る(その1)………坂元 薫

           精神科から世界を眺めて(16) トゥルーマン・ショー………風野春樹

           この病、この一曲(9) 「抗うつ薬」としてのクレイジーケンバンド………松本俊彦

           社会脳は「臨床の知」となるか(8) 精神医学における素養とは?………村井俊哉

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほんとの対話     岡野憲一郎『脳から見える心』………森さち子

           西川 勝『となりの認知症』………淡路由紀子

           江森一郎『体罰の社会史 新装版』………牧野智和

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こころの現場から   一つのスプリットの解消について(福島県南相馬市)……堀 有伸

           問うや問わずや、人生の意味(精神科クリニック)……塚原美穂子



伝言板

こころの科学173号

特別企画=精神科クリニック――現状とこれから

細田眞司・宮岡 等/編

精神科受診の敷居を下げ、身近な存在になった精神科クリニックだが、その密室性は高い。 どんな治療や地域連携が行われているのか。

※12月25日発売予定/予価1300円(税込)