雑誌詳細:そだちの科学  (2013年10月号)

(2013年10月号) 通巻 21号

  • 紙の書籍
4、10月(年2回)発売
[特集1]
自閉症治療・療育の最前線
滝川一廣・小林隆児・杉山登志郎・青木省三=編
定価:税込 1,572円(本体価格 1,429円)
在庫あり
発刊年月
2013.10
ISBN
978-4-535-90721-8
雑誌コード
63956
判型
B5判
ページ数
152ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

自閉症治療・療育はこの10年でどう変わったか。今回は治療・療育のその後、自閉症児・者の就労や人生そのものに焦点を当てた。

●特集によせて──



1 自閉症治療・研究の現在



 自閉症治療・療育はどうあるべきか………………………………滝川一廣

 自閉症概念の変遷……………………………………………………栗田 広

 自閉症の生物学的研究は、いま……………………………………中村和彦

 疫学研究からみた自閉症……………………………………………鷲見 聡

 乳幼児期の自閉症スペクトラムを「甘え」の世界から読み解くーMIUで診た乳幼児五五例の結果から……小林隆児



2 自閉症児への支援は変わったか──この一〇年



 TEACCHプログラムの現況と展望──招き寄せるのではなく、歩み寄って共生する……佐々木正美

 応用行動分析からのアプローチ……………………………………加藤哲文

 (社)日本自閉症協会の活動の広がりと今後の課題……………山崎晃資

 アスペの会から………………………………………………………辻井正次

 強度行動障害へのアプローチ………………………………………池田賢一

 自立へ向けた支援ツールの活用 ……………………………………武蔵博文

 自閉症への動作法……………………………………………………森崎博志

 自閉症児と特別支援教育……………………………………………鈴木彰典



3 自閉症児から自閉症者へ──その人生と就労支援を考える



 「働く」について僕が思うこと……………………………………東田直樹

 就職したわが子を見つめて…………………………………………植原淳子

 働く青年たち…………………………………………………………高橋 脩

 三十代になった自閉症………………………………………………杉山登志郎

 自立の意味を考える…………………………………………………深見 憲

 中年期自閉症にとっての生涯発達…………………………………村田豊久



[創刊10周年記念座談会]そだちの科学のこれまでとこれから

……滝川一廣・小林隆児・杉山登志郎・青木省三



ブックガイド・子どもの多面的理解

『特別なニーズを持つ子どもを理解する』──バートラム著、平井正三・武藤誠監訳……鵜飼奈津子

『なぜエピソード記述なのか』──鯨岡 峻著……………………小林隆児

『「AV女優」の社会学』──鈴木涼美著……………………………杉山登志郎



●連載

多様な関係の中で育つ子ども(新連載)……………………………土屋明日香

 (1)人類が生き延びている奇跡



こんな男に誰がした──育てられのカガク(最終回)……………山登敬之

 (20)母を生かす、父も生かす



食育とそだち(最終回)………………………………………………青木三恵子

 (10)健やかに人生を全うするために



アスペルガーを生きている(最終回)………………………………澄川あかり

 (10)つながらないつながり



編集ノート

そだちの科学22号 2014年4月中旬刊行予定

特集=子ども臨床トピックス

そだちをめぐる臨床においてもDSM-5同様、大きな変化が起きつつある。新たな臨床トピックスをまとめ、今後の動向を占う。