雑誌詳細:法律時報  2013年5月号

2013年5月号 通巻 1059号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
憲法の射程
定価:税込 1,749円(本体価格 1,619円)
在庫なし
発刊年月
2013.04
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
168ページ

内容紹介

憲法は、どのような意味でどのような程度において規範的規制力を有しているのか、について再点検を行う。憲法学のあり方を模索する。

【法律時評】

投票価値の平等──選挙無効判決と政治の責務……只野雅人



■特集

憲法の射程



憲法の射程──本特集企画の趣旨……山元 一



個人の尊厳と社会通念

──事故物件に関する売主の瑕疵担保責任を素材として……横山美夏



家族関係の刑事的規制……高山佳奈子



公的活動の担い手の多元化と「公法規範」……北島周作



国連主要機関による決定の国内実施について

──最近の実行からみた憲法学への若干の問題提起……石塚智佐



社会労働領域と憲法学……武田芳樹



婚外子相続分区別と憲民関係……齊藤笑美子



比較憲法の新たな視点……松本英実





■小特集

国公法二事件上告審判決の検討



憲法裁判としての国公法二事件上告審判決……大久保史郎



憲法判例としての国公法二事件上告審判決……中林暁生



国公法二事件上告審判決と合憲性判断の手法……市川正人



公務員の政治的行為制限違反罪と職務関連性……曽根威彦





●論説

文献ジャンルとしての憲政評論

──高見勝利『政治の混迷と憲法──政権交代を読む』を読んで……林 知更



イギリス憲法における「憲法上の変更」とそのプロセス……倉持孝司



民法(債権法)改正の「中間試案」

──民法典の劣化は、果たして防止できるか・下……加藤雅信



原子力損害賠償責任における免責規定の適用要件に関する考察……小林 寛



●連載

イギリス憲法の実像──その歴史的文脈・21……戒能通厚



【強行法と任意法】

公法上の取締規定の強行法規性……川地宏行



【B&Aレビュー】

片山直也著『詐害行為の基礎理論』●民法学のあゆみ……松岡久和



【労働判例研究】

非採算部門の廃止を理由とした整理解雇の有効性──日本通信事件……金井幸子



【提言】

民法(債権関係)の改正に関する中間試案に対する意見表明を期待します

──民法研究者有志グループからの呼びかけ



【史料の窓】

明治という時代……堀口 修



最高裁新判例紹介

新法令解説

文献月報・判例評釈

メモランダム

2013年6月号(5月27日発売)予価1700円(税込)

特集=超高齢社会における高齢者の自律と保護(仮題)

高齢者の自律と保護という観点から、家裁における現状と法的位置づけの考察及び諸外国の状況の比較紹介を通じて、わが国における高齢者に関する法的課題と展望を示す。