雑誌詳細:そだちの科学  (2013年4月号)

(2013年4月号) 通巻 20号

  • 紙の書籍
4、10月(年2回)発売
[特集1]
思春期のそだち
編集人=滝川一廣・小林隆児・杉山登志郎・青木省三
定価:税込 1,572円(本体価格 1,429円)
在庫あり
発刊年月
2013.04
ISBN
978-4-535-90720-1
雑誌コード
63956
判型
B5判
ページ数
136ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

子どものそだちの疾風怒濤の時期である思春期をめぐって、児童精神科臨床の主なトピックスを取り上げ、全体像を浮き彫りにする。

  ●特集によせて────



[1]現代における思春期



   現代における思春期臨床………………………………………青木省三

   思春期患者の特徴と治療的接近………………………………小倉 清

   若者文化と思春期………………………………………………斎藤 環

   社会経済状況と思春期…………………………………………山野良一

   思春期の理解とそのケア………………………………………滝川一廣

   思春期の家族にどうかかわろうか?…………………………宮川香織

   思春期臨床──教育・福祉とどう連携するか………………塚本千秋

   「思春期を考える」ということ………………………………清水將之



[2]思春期のそだちを支える



   発達障碍からみた今日の思春期・青年期発達………………小林隆児

   思春期と統合失調症……………………………………………山下 洋

   児童思春期の抑うつ状態………………………………………村田豊久

   終わりなき思春期を終わらせるために──思春期の摂食障害

               ……………………………………山登敬之

   発達障害×虐待の非行──児童自立支援施設における全児童調査から

                 ………………………………望月直人

   思春期の家庭内暴力……………………………………………川畑友二

   思春期の不登校・ひきこもり…………………………………桑代智子・濱田伸哉



[3]思春期をめぐって



   「思春期」は存続するのか──精神科医の杞憂……………郭 麗月

   自閉症とスポーツ………………………………………………高橋 脩

   怒りの行方………………………………………………………藤川洋子





ブックガイド・子どもの豊かな世界

   『楽しい毎日を送るためのスキル』──辻井正次、アスペ・エルデの会編

                 ………………………………宮川香織

   『トムは真夜中の庭で』──フィリパ・ピアス作…………青木三恵子

   『自閉症の現象学』──村上靖彦著…………………………西 研

   『現象学入門』──竹田青嗣著………………………………小林隆児



●連載

   アスペルガーを生きている……………………………………澄川あかり

    (9)履歴書や釣書に書けるように

   食育とそだち……………………………………………………青木三恵子

    (9)お茶をどうぞ──もてなす・ねぎらう気持ちは誰であっても

   こんな男に誰がした──育てられのカガク…………………山登敬之

    (19)息子たちよ!



        編集ノート

そだちの科学21号 2013年10月刊行予定

特集=自閉症治療・療育の最前線(仮題)

1.自閉症治療・療育の現在

  自閉症治療・療育はどうあるべきか

  自閉症概念の変遷

  自閉症の生物学的研究

  自閉症の疫学研究

2.自閉症児への支援は変わったか

  TEACCHプログラムの現況

  応用行動分析的アプローチ

  家族会・親の会から

  強度行動障害へのアプローチ

  自閉症への動作法

  乳幼児期のリスク群とその対応

3.自閉症児から自閉症者へ

  自閉症者の生涯をみる

  就労したわが子を見つめて

  就労・自立の意味を考える

  自閉症青年を支えること

  30代になった自閉症者たち



創刊10周年記念座談会

  そだちの科学・この10年



予価1,500円(税込)