雑誌詳細:数学セミナー  2013年1月号

2013年1月号 通巻 615号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
被覆のはなし
定価:税込 1,132円(本体価格 1,048円)
在庫なし
発刊年月
2012.12
雑誌コード
05423
判型
B5判
ページ数
100ページ

内容紹介

被覆は位相空間論の中でも特にイメージがつかみにくい概念ではないだろうか。しかもその後、代数や解析などさまざまな分野で「被覆」が登場するが、それらに繋がりがあるのか、なかなかわかりずらい。今回は、各分野における被覆を通して、その共通点や違いを見ていこう。

●特集=被覆のはなし



被覆空間/空間と群の織りなす世界…牛瀧文宏 8

被覆という考え方…玉木 大 13

ガロア理論と淡中-クライン双対性…伊藤哲史 18

リーマン面の分岐理論…須川敏幸 24

多元環と線形圏の被覆…浅芝秀人 30

単位4元数空間/コンピュータグラフィックスにおける被覆の応用…安生健一 38



記号論理の手習い

 論理式の標準形…高崎金久 64

ふごζ×う/符号理論∈数学∩工学

 量子誤り訂正符号…萩原 学 70

等長地図はなぜないの?

 ダグラス-ラドーの解…西川青季 75

続・確率パズルの迷宮

 無数の中から選ぶ…岩沢宏和 80



coffee break/寿命っていくつ?…木村芳文 1

[新連載] ポアンカレとの散策/われ思うゆえに空間あり…大沢健夫 2

数セミパズル部通信/因子の部屋…ニコリ 57

気まぐれミュージアム散歩

 /歴史的な海事遺産が語り継ぐ人と史実と明治の気概…北村公一 86

エレガントな解答をもとむ

   ●出題=中内伸光+西山 豊 6

   ●解答=岩井齊良+縫田光司 88



『数学1』の四分位数・箱ひげ図に悩む…何森 仁 46

スーパーコンピューティング・コンテスト2012…渡辺 治+今井桂子 52

量子測定の数理と不確定性原理

 /(3) 不確定性原理を打破する測定モデルと新しい定式化…小澤正直 58



数セミメディアガイド

 『線形代数と正多面体』…齋藤夏雄 96

 『増補 日本理科教育史』…上條隆志 97

2013年2月号(1月12日発売)予価1100円(税込)

特集=小林昭七

2012年8月末に急逝された小林昭七先生(アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校)。微分幾何・複素多様体論の研究者として早くから世界で活躍され、日本人研究者のみならず世界中の多くの数学者に影響を及ぼした氏の足跡を辿る。