雑誌詳細:法律時報  2012年9月号

2012年9月号 通巻 1051号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
国際社会におけるルール形成と国内法
定価:税込 1,646円(本体価格 1,524円)
在庫なし
発刊年月
2012.08
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
168ページ

内容紹介

国際社会におけるルール形成の動きが国内法にどのような影響を及ぼしているか。行政、人権、刑事法、金融法、会社法、租税法、環境法、経済法など、近時の重要な事象に即して検討する。

【法律時評】

東電OL事件再審開始決定と誤判救済の課題……川崎英明



■特集

国際社会におけるルール形成と国内法



国際社会におけるルール形成の諸相……片山 達

グローバル・ガバナンス――国際ルール形成と国内実施のメカニズム……城山英明

日本の規制改革とTPP……中川淳司

個人データ保護法制に関する欧米間の調整と多国間のルール形成……中崎 尚

金融危機後の金融規制に関する国際的なルール形成……神田秀樹

コーポレート・ガバナンスの収斂と、その背景……大杉謙一

租税法における国際的規範形成と国内法――OECDモデル租税条約の規範性を中心に……藤谷武史

再生可能エネルギーに関する二大アプローチと国内法……大塚 直

貿易上の懸念に関する多数国間レビュー……泉 卓也

韓国の立法動向――米国法文化の影響という視点から……白井 京



■小特集

国民の生命・健康の安全と国の責任

「規制権限不行使」による国賠責任をめぐる近時の動向……吉村良一

泉南アスベスト国家賠償請求訴訟……野呂 充

建設作業従事者の保護と国家賠償責任――神奈川建設アスベスト訴訟横浜地裁判決を題材に……下山憲治

イレッサ訴訟における国の責任――添付文書に対する行政指導の不作為について……府川繭子



民法(債権関係)改正についての提言と意見

民法(債権関係)改正についての提言

債権法改正についての所感……奥田昌道

詐害行為取消権改正の基本方針から見た債権法改正作業の問題点……下森 定

債権法改正に関する所感……椿 寿夫

法解釈方法論からの提言……前田達明

民法(債権関係)改正をめぐって……森嶌昭夫



●論説・連載

性同一性障害の夫婦による嫡出子出生届をめぐる法律問題・上……梶村太市

イギリス憲法の実像――その歴史的文脈・16……戒能通厚



【取引法研究会レポート】

私法規律における「合理的意思」の役割、機能

――請負契約における入金リンク条項を手掛かりとして……伊藤 進



【強行法と任意法】

判例・学説における物権規定の強行法規性……長谷川貞之



【民事判例研究】

倉庫会社のトラクター運転手の中皮腫による死亡について原告が控訴に際し訴えを一部変更し不法行為責任を主位的に請求した事例……辻 博明



【刑事訴訟法判例研究】

国民の司法参加・裁判員制度の合憲性……新屋達之



【労働判例研究】

内部告発と懲戒解雇――学校法人田中千代学園事件……矢野昌浩



【史料の窓】

対米英無通告開戦を模索した外務省条約局……佐藤元英



最高裁新判例紹介

新法令解説

文献月報・判例評釈

メモランダム

2012年10月号(9月27日発売)予価1600円(税込)

特集=「取り残された」会社法罰則の検証

会社法秩序を取り巻く環境変化や刑事法・刑事行政における揺らぎをふまえ、会社法と刑事法との対話を通して、会社法中の刑罰によるエンフォースの意義につて考察する。