雑誌詳細:数学セミナー  2011年3月号

2011年3月号 通巻 594号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
錯覚の数理
定価:税込 1,008円(本体価格 933円)
在庫なし
発刊年月
2011.02
雑誌コード
05423
判型
B5判
ページ数
114ページ

内容紹介

錯覚は元来、認知科学や心理学で研究されている分野であるが、最近では錯視(目の錯覚)を数理的に考えたり、コンピュータ画像を通して錯覚を捉えようという研究が進展を見せている。今回は、「錯視の数理」という新しい研究分野の息吹を感じてみよう。

特集 錯覚の数理

 [座談会] 錯覚研究において数理的アプローチに期待すること

 /新井仁之・北岡明佳・山口 泰・杉原厚吉(司会)…8

 対話的グラフィックに利用されている錯覚/高橋成雄…17

 投影逆変換と立体錯視/杉原厚吉…24

 錯覚とディジタルエステ/荒川薫…28

 視覚復号型暗号とハーフトーニング/山口泰…34

 視覚および錯視の科学における数学的方法/新井仁之…40



基礎講座・微分積分

 お日さまは,まっすぐに昇るの?/西野友年…70



数学をはじめた君へ----今すぐに代数幾何の世界を知ろう

 環の世界と図形の世界(その2)/海老原 円…76



続・CGにつながる数学

 レンダリング方程式/安生健一…81



線形代数と数え上げ

 有限正方格子上のダイマー模型/高崎金久…88



aperitif

 日本人は枠がお好き?/八杉満利子…1



数学史の小窓

 リーマン,そして現代数学へ/中村滋…2



数セミパズル部通信 ニコリ号外

 波及効果/ニコリ…47



数セミブック・プラザ

 『代数の考え方』/梶浦宏成…94

 『どこにでも居る幾何』/仙田章雄…95



数理で見る世の中のつながりと集まり

 やっぱり人は奥深い/増田直紀…96



エレガントな解答をもとむ

 出題/矢崎忍+亀高惟倫…6

 解答/有澤誠+須川敏幸…98



江戸時代のフェルマー-ペル方程式の解法

 「平方零約術」解説/深川英俊…48



フラーレンと正12面体の幾何学(V)/佐武一郎…55



NOTE

 講評と解説/黒山人重…64

2011 年 4 月号(3月12日発売予定)

特集=この20年で数学に何が起こったか

1990年:森重文氏フィールズ賞受賞/藤野 修

1995年:フェルマー予想解決/伊藤哲史

1997年:ブラック-ショールズ方程式の台頭/藤田岳彦

2000年:ミレニアム賞問題の提出/一松 信

2003年:ポアンカレ予想解決/阿原一志

1991~1998年:インターネットの普及/藤原 洋 ほか



予価=980円(税込)