雑誌詳細:法律時報  2011年2月号

2011年2月号 通巻 1031号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
取調べの可視化と捜査構造の転換
定価:税込 1,646円(本体価格 1,524円)
在庫なし
発刊年月
2011.01
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
164ページ

内容紹介

虚偽自白による冤罪事件が続き、取調べの適正化策として可視化導入が焦眉の課題となっている。捜査全体の中で取調べを通じた真相究明をどれだけ重視すべきかという、捜査構造から議論し、取調べ可視化の立法課題も提言する。

【法律時評】



 情報の公開と秘匿と……川岸令和





■特集



 取調べの可視化と捜査構造の転換

 取調べの可視化と捜査構造の転換――企画の趣旨……田淵浩二

 取調べ受忍義務再論――アメリカ法との比較……小早川義則

 被疑者弁護を通じた取調べの適正化……上田國廣

 在宅被疑者の取調べとその可視化……松田岳士

 傷つきやすい(vulnerable)被疑者の取調べ……京明

 自白法則における違法排除説再論……中島宏

 刑事司法改革の理念と捜査の構造……渕野貴生

 被疑者取調べ「可視化」立法への道……渡辺修

 取調べ可視化論の心理学的検討……サトウタツヤ・若林宏輔



●連載

 イギリス憲法の実像――その歴史的文脈・2……戒能通厚



●民法改正を考える

 多数当事者間決済の対外的効力……中舎寛樹



■小特集

 新放送法の課題

 放送法改正の概要……鈴木秀美

 放送概念の拡張に伴う放送法の変質……山田健太

 改正放送法と行政権限……宍戸常寿

 マスメディア集中排除原則の議論のあり方……曽我部真裕

 規制機関の在り方……稲葉一将

 新放送法のNHK関係の課題……山本博史



【取引法研究会レポート】

 詐害的会社分割と分割会社債権者の保護……渡邊博己



【B&Aレビュー】

 小林公夫「医療水準と医療の裁量性――福島県立大野病院事件・福島地裁判決を中心に」

 ●刑事法学の動き……米田泰邦



【学会インフォメーション】

 国際犯罪学会第16回世界大会への呼びかけ……宮澤節生



【民事判例研究】

 目撃者が現れない痴漢被疑事件に対する事実認定と証拠の採否……星野豊



【刑事訴訟法判例研究】

 宅配便荷物のエックス線検査の適法性……葛野尋之



【労働判例研究】

 契約内容変更を前提とする有期労働契約更新の不調と雇止め法理――河合塾事件……小宮文人



【史料の窓】

「昭和天皇像」の原点……梶田明宏



最高裁新判例紹介

新法令解説

文献月報・判例評釈

メモランダム

法律時報3月号(2月26日発売予定)

特集=被拘禁者と国際人権法

被拘禁者の国際人権保障の展開の現段階をふまえ、日本の被拘禁者の人権問題に対する国際人権法の意義と課題を具体的に検証し、それへの対応を検討する。



予価1,600円(税込)